どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

TONE:トーンモバイルをおすすめする訳

格安スマホの中でちょっと異質なTONE:トーンモバイルを紹介します。

トーンモバイルはレンタルビデオショップのTSUTAYAのグループ会社のMVNO(格安スマホ)です。

TONE(トーンモバイル)の特長はなんといっても1プランでわかりやすいことでしょう。他社では1GB位から15GB位まどデータ容量プランがあり、当然料金もそれぞれ違います。

しかしTONEモバイルはデータ容量無制限1,000円というコースのみです。分かりやすいです。そしてこの分かりやすいといことはすべてにおいて共通しています。

TONE:トーンモバイルは分かりやすい

データプランは1種類。データ容量無制限1,000円。

取扱い機種は2機種。m14とm15のみ。

TONE m14 19,800円

tone m14

5.5インチ液晶、背面800万画素、前面200万画素、1080p動画撮影対応。ROM 4GB、RAM 1GB。

TONE m15 29,800円

tone m15

5.5インチ液晶、背面1300万画素、前面500万画素、1080p動画撮影対応。ROM 16GB、RAM 2GB。

TONE(トーンモバイル)のスマホはオリジナルです。TONE(トーンモバイル)しか扱っていません。価格は19,800円と29,800円ですが絶対に高い方のm15の29,800円の方をおすすめします。

m14はかなり性能が落ちますから後で後悔すると思います。

TONE(トーンモバイル)のスマホは設定済みだから分かりやすい

他社の格安スマホではスマホが届いても設定などは自分でやらなければいけないところもあり、スマホに詳しくない人には分かりにくいことがあったりします。TONE(トーンモバイル)のスマホは必要なことはほとんど設定済みなので戸惑うこともないでしょう。

さらに55ページにも渡る分かりやすいガイドブックも付いてきますので安心です。

また、誰でも分かりやすいように、使いやすいように操作画面もボタンひとつで子供向け、シニアユーザー向け、一般向けと誰でも操作しやすい画面が設定できます。

TONE:トーンモバイルの格安スマホをおすすめする理由

TONE:トーンモバイルは他社と違いデータ容量のSIMのみを注文することはできません。m14、m15というスマホ本体のどちらかとのセットでのみの申し込みとなります。

TONE:トーンモバイルのスマホはオリジナルなので日本人に使いやすいように設計されています。上に書いたように子供、シニア、一般向けのように分けて画面設定できるのもオリジナルで考えて作ったからです。

画面を共有する遠隔リモートサポートやコールセンターなどサポートも充実しています。評判も良いです。

おすすめのスマホ本体m15はカメラ機能が背面1300万画素、前面500万画素ありますから写メはもちろん自撮りもきれいに撮れます。動画も大丈夫。

ストレージも16GBあるので余裕です。ma14は4GBしかありませんのですぐに一杯になってしまうでしょう。カメラ機能もm14は落ちます。スマホはデジカメ代わりになるのできれいに映るスマホを持っておきたいものです。m14なら十分です。

TONE:トーンモバイルはデータ容量が無制限で使える

公称500~600kbpsの通信速度で容量制限なし、無制限で使えます。ただし、3日間合計で300MB使うと速度制限され少し通信速度が遅くなります。

この500~600kbpsという通信速度は正直あまり速くはありません。インターネットやメールをするのには問題ないですが、動画を視聴するのには向いていません。

動画を視聴したいなら月額300円/1GBの高速チケットを購入しましょう。TONE:トーンモバイルはワンプラン1,000円ポッキリなのですが、この月額300円/1GBのチケットを購入するのもおすすめしたいです。

やはりスマホを使っていてYouTubeなどの動画を見たい時もあると思います。それに基本料金の1,000円と合わせて300円プラスならまだまだ格安スマホとして安いです。

格安スマホで一番安い高速通信の1GBの料金は現在フリーテルという会社の1,199円です。TONE:トーンモバイルなら1,300円で1GBの高速通信と無制限の500~600kbpsのデータ容量があるのです。コストパフォーマンスに圧倒的に優れているのではないでしょうか。

独自の便利なアプリもあります。すべて無料

ライフログ:歩数、活動量、消費カロリー、心拍数 スマホで計測することができるアプリです。計測記録は自動的にアプリに蓄積され日、週、月別に見ることができ健康管理に役立つでしょう。

子供向けのアプリTONEファミリー:子供が今どこにいるのかわかります。パスコードを入力しないとアプリがダウンロードできないように制限できます。子供が勝手に高額なゲームや有害なアプリをダウンロードできなくなります。

まとめ

TONE:トーンモバイルはファミリーで使うことができる格安スマホです。子供も、シニアも、女性も、一般の人にも使いやすくまとめられたスマホだと思います。

少し機械音痴な人には最適のスマホかもしれません。そういう誰にも使いやすいスマホに端末もプランも作られています。特に初めてスマホを利用する方はぜひ使ってみて下さい。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問