どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは

格安スマホおすすめは?DMM mobileはどうなの?

DMM mobile

DMM mobile↓の公式サイトはこちら

DMMモバイル

DMM mobileは格安スマホ「業界最安値標準」をキャッチコピーにしている会社で事実安いですし、SIMプランもシングルプラン、シェアプランなど種類も多いです。もともとは動画配信系のサイトが始まりで、今では証券会社、英会話などなど多くの業種を運営しているDMMグループの会社です。

DMM mobileの通話SIM月額料金

DMM mobileで携帯電話として通話のできる通話SIMの他にデータSIM(通話ができないSIM)、タブレット、ルータも扱っていますがここでは通話ができる通話SIMの料金を掲載しています。(※データSIMの料金はページ下段に掲載しています。)

SIMとは?→スマホやタブレットで通信行うためのICカードです。
GB(ギガバイト)?→ここではSIM(ICカード)のデータ(サイズ)の容量を示します。

DMM mobileには単独利用するシングルコースと、スマホ2台持ち、家族とのシェア、タブレットなど複数のSIMを使えるシェアコースの2つのコースがあります。

通話SIMシングルコース

ライトプラン 1GB 2GB 3GB 5GB 7GB 8GB 10GB 15GB 20GB
1,140円 1,260円 1,380円 1,500円 1,910円 2,560円 2,680円 2,890円 4,300円 5,980円

※ライトプランの最大通信速度は200Kbpsです。他のプランはLTE高速通信です。

※通話SIM には標準でSMS機能(ショートメッセージサービス)が付いています。

通話SIMシェアコース(通話SIM1枚+データSIM2枚プラン)

8GB 10GB 15GB 20GB
2,680円 2,890円 4,300円 5,980円

通話SIMシェアコース(通話SIM2枚+データSIM1枚プラン)

8GB 10GB 15GB 20GB
3,380円 3,590円 5,000円 6,690円

データSIMにはSMS機能(ショートメッセージサービス)は付いていません。SMS機能の利用には追加オプションで150円/月になります。

通話SIMシェアコース(通話SIM3枚プラン)

8GB 10GB 15GB 20GB
4,080円 4,290円 5,700円 7,380円

DMM mobileの評判は?

DMM mobileの評判、口コミは概ね良いようです。料金の安いところは当然、歓迎されていますし、通信速度もドコモの通信回線を利用しており現状での評価は速いということです。通信エリアもドコモと同様ですので問題ありません。

MVNO(格安スマホ)のデメリットと言われる音声通話料金もDMM mobileには「DMMトーク」というアプリがあり、このアプリを利用して通話をするば通常30秒/20円のところ、半額の30秒/10円で通話することができます。

DMM mobile↓の公式サイトはこちら

DMMモバイル

DMM mobileの取扱いスマホ

DMM mobileではスマホ本体(端末)を自分で用意してSIMのみ単体で注文することができますが、スマホ本体(端末)も購入してSIMとセットで利用することができます。

セットで購入するとSIMの初期設定もされていますのですぐにスマホを利用することができるので便利です。

取扱い機種は10数種ありますので、この中から自分の好み、利用の仕方で選べばよいでしょう。

おすすめのスマホ機種は

HUAWEI Y6

HUAWEI Y6

エントリー用としてのスマホです。DMM mobileの価格で一括だと15,980円、24回分割払いで850円/月とリーズナブルです。ディスプレイサイズが5.0インチ、メインカメラ約800万画素、インカメラ約200万画素のシンプルなデザインです。これといった優れた特長はありませんが、なんといっても価格が1万円台と安い。ホーム画面をスマホデビューの子供やシニア向けにシンプルなデザイン(上の写真の右側)に変えることもできます。ただ、スマホを使い慣れた上級者に向かないと思われます。

arrows M02

arrows M02  

ほとんどの格安スマホの会社が扱っている人気機種、富士通のarrows M02。一括で29,800円、24回分割払いで1,584円。安心の防水、防塵仕様で衝撃に強いCorning Gorilla Glass 3を採用。さらにおサイフケータイにも対応しています。どなたにでも使いやすいスマホと言えるでしょう。格安スマホの中で常に人気の上位を争っています。

HUAWEI GR5

HUAWEI GR5   

スペック的には上のarrows M02よりは優れていますが防水、防塵、おサイフケータイには対応していません。5.5インチの大画面、メインカメラ1300万画素、インカメラ500万画素という高性能なカメラ機能、指紋認証付きです。価格は一括34,800円、24回分割払いで1,850円と少し高いですがそれだけの機能はあります。特に写真を撮りたいか方にはメインカメラの1300万画素がものをいいます。自撮りでも500万画素は美しく自分を写すことができるでしょう。指紋認証も格安スマホの中では珍しく、いちいちパスワードを入力しなくてもよいので楽です。

DMM mobileと契約するときに必要なもの

本人名義のクレジットカード

※支払い方法はクレジットカードのみです。

本人確認書類(免許証、健康保険証 など)

※他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら

連絡のとれるメールアドレス。

DMM mobileの契約方法・購入手続き

手順

プランの選択(スマホ本体とセットで購入、またはSIM(データ量)のみか。

SIMのデータ量の決定:何GB?にするか。

DMM mobileの注意点

通話SIMの最低利用期間:利用開始日の翌月1日から12ヶ月間 。

違約金:12ヶ月以内に解約の場合は違約金9,500円。

データSIMは違約金はありません。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

DMM mobile↓の公式サイトはこちら

DMMモバイル

データSIMの月額料金

通話専用のガラケーを利用しインターネットなどは通話無しのデータSIMでスマホを使いたい、またはタブレット用にデータSIMを利用したいという人はDMM mobileのデータSIMを利用できます。

データSIMシングルコース

ライトプラン 1GB 2GB 3GB 5GB 7GB 8GB 10GB 15GB 20GB
440円 480円 770円 850円 1,210円 1,860円 1,980円 2,190円 3,600円 4,980円

データSIMシェアコース(データSIM最大3枚まで)

8GB 10GB 15GB 20GB
1,980円 2,190円 3,600円 4,980円

まとめ

DMM mobileは他社のようにキャンペーンとかキャッシュバックの類は一切なく単純に毎月の費用の安さを売りにしている会社です。

今現在は通話SIMの1GBのプランだけ他社に負けていますが他のプランはすべてDMM mobileが一番安いです。

今、格安スマホに替えようと考えている人は安さを求めているのだからわかりやすいDMM mobileで良いのではないでしょうか。

会社によってはプランが複雑で安いのだか高いのだかよくわからないというところもあります。

毎月の料金が安くて通信エリアも通信速度もそこそこいい。それでいいのではと想います。おすすめの格安スマホと言っても間違いないです。

DMM mobileのオプション

端末交換オプション:350円/月万が一端末の不具合が生じた場合、対象端末のリフレッシュ品または同等品と交換。

セキュリティオプション:250円/月

セキュリティソフト「SecureAnywhere?モバイル プレミア」の提供。

安心パック:500円

上記2つのオプションをセットで提供。

※オプションはもちろん必要とした人だけが申し込むサービスです。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問