どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

格安スマホおすすめは?マイネオ(mineo)はどうなの?

マイネオ

格安スマホのmineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが運営する格安スマホの会社です。

この株式会社ケイ・オプティコムは関西電力が100%出資する系列子会社です。

東京電力と並ぶ大手電力会社なので会社としての信頼性は問題ないでしょう。

このmineo(マイネオ)auとドコモの2つの通信回線を使っているというのが特長でしょうか。

つまりマイネオならau、ドコモのどちらでも選ぶことができるのです。

いままでキャリアのauを使っていた方はAプラン(auの通信回線)、ドコモを使っていた方はDプラン(ドコモの通信回線)を選べば、SIMロック解除をしなくてもSIMカードを入れ替えるだけで利用できます。

もちろん、ソフトバンクのユーザーだった方もSIMロック解除の手続きをすればAプラン、Dプランどちらでも使えます。

マイネオ(mineo)の↓公式サイトはこちら

mineo

マイネオ(mineo)の良いところ、メリット

他社はデータ容量が1GBからのところが多いのですが、その半分の500MBから利用できるのでインターネットやアプリをあまり使わないライトユーザーにとってはうれしいことでしょう。

また、月のデータ容量が余った場合は翌月に繰り越すことができるので無駄が少ないです。

そして家族間や友達とデータ容量を分け合うこともできるのが良いところでしょう。

さらにデータ容量を節約できるアプリも用意されています。必要がない時は、節約アプリのON/OFFをOFF(通信速度200Mbpsになる。)にすると高速データ容量は減らなくなります。

この辺はマイネオ(mineo)のメリットといえましょう。

マイネオ(mineo)の通話SIM月額料金

マイネオ(mineo)で携帯電話として通話のできる通話SIMの他にデータSIM(通話ができないSIM)も扱っていますがここでは通話ができるデュアルタイプの通話SIMの料金を掲載しています。(※データSIMの料金はページ下段に掲載しています。)

SIMとは?→スマホやタブレットで通信行うためのICカードです。
GB(ギガバイト)?→ここではSIM(ICカード)のデータ(サイズ)の容量を示します。

500MB 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
Aプラン 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円 4,590円 6,510円
Dプラン 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円 4,680円 6,600円

上の表のAプランとはauの通信回線を使ったプランであり、Dプランとはドコモの通信回線のプランです。

新規にスマホを利用する方はともかく、今までauユーザーだった方はAプランを、ドコモユーザーだった方はDプランを選んだ方がよいでしょう。

前記したようにSIMカードを入れ替えるだけで新たにスマホを購入しなくても今までキャリアで使っていたスマホで使えるようになるからです。

ソフトバンクの方はSIMロック解除して使うか、ソフトバンクの通信回線が使えるb-mobileという格安SIMを利用した方がよいでしょう。

スマホを初めて使う方はAプラン、Dプランお好みのプランを選んでください。

月額料金が少しでも安い方がよいなら当然、Aプランということになるでしょう。

どのSIM(データ容量)を選ぶ?

マイネオ(mineo)は500MBのプランから選ぶことができますが1GBとの料金の差は100円しかありません。

この倍の容量の差は大きいと思いますので、ライトユーザーの方でも余裕を持って1GBのプランをおすすめします。100円の差なら倍の1GBを選んだ方があとどのくらい使えるのかとビクビクしないでも使えるのではないでしょうか。

まあ、そんなに使うわけでもないけれど、ある程度普通にスマホをに使いこなしたいという方なら3GBで十分でしょう。統計によるとデータ容量の平均の数値は2GBと言われますので3GBのプランでマイネオ(mineo)の繰り越しシステム(当月余った分は翌月に繰り越せる)もありますのでかなり使えると思います。

動画もゲームもガンガン使いたい、スマホを使い回したいというヘビーユーザーならば10GB~30GBでしょう。

どちらにしてもこのプランというのは無料で1ヶ月単位で変えることができるので、最初は適当に決めておいてもよいかもしれません。

1ヶ月ほど利用した感じで自分がGB(データ通信容量の単位)をどのくらい使うか判断すればよいからです。

プランの切り替えはインターネット上で簡単にできます。

マイネオ(mineo)の評判、口コミ評価は?

マイネオ(mineo)は当初はauの通信回線のみだったのが、NTTドコモの通信回線も導入されてユーザーにとっては選択の幅が増えて利用しやすくなったということでしょう。

Dプラン(ドコモの通信回線)が新たに加わったことでドコモユーザーだった方も簡単に乗り換えることができるようになりました。

肝心の回線スピードも概ね悪くないようです。格別に早いわけでもないですが普通に使えるということで評判は良いようです。

ただ、この通信回線のスピードは単純に利用者が多くなればなるほどスピードが遅くなるもので一概にどこの会社が速い、遅いということは言えないのです。

ユーザーが増えれば遅くなるし、少なくなれば早い。つまりテレビなどでガンガン宣伝すれば加入者が増え遅くなる可能性があります。

ということは、会社としてどれだけシステムの補強ができるかということでしょう。そういう意味では関西電力の子会社ということもあり、フォローもしっかりとやってくれるという期待ができると思います。

mineo(マイネオ)の取扱いスマホ

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からの乗り換えの方ばかりでなく、新規にスマホを利用したい方ももちろんmineo(マイネオ)でスマホを使うことはできます。

mineo(マイネオ)でも随時、リーズナブルな格安スマホを扱っているからです。

下は2万円弱の製品から5万円台まで12種類前後まで扱っているので予算に合わせたスマホを選ぶことができます。

おすすめの機種は2万円台から3万円台のはHUAWEIP10 liteやAQOUS senseliteです。一括でも24回分割でも大丈夫です。

マイネオと契約するときに必要なもの

※ 3.メールアドレスはキャリアの方キャリアメールが使えなくなるのでフリー(無料)のメールアドレスを用意しおきましょう。Gmailがおすすめ。

※ 4.他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら。新しい電話番号でよい方は必要無いです。

※ 5.ドコモユーザーがDプラン、auユーザーがAプランなら必要無し。ソフトバンクユーザーはどちらのプランでもSIMロック解除が必要。

マイネオの注意点

最低利用期間:なし。ただし、開始月から12ヶ月以内に電話番号ポータピリティ(MNP)で他社に転出する場合はMNP転出手数料12,420円かかります。

データSIMは違約金はありません。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

マイネオ(mineo)の↓公式サイトはこちら

mineo

データSIMの月額料金

手持ちに余ったスマホを持っている方が通話機能無しのスマホを使いたい、またはタブレット用に格安SIMを利用したいという人はデータ専用SIMを利用できます。

通話ができるSIMではauとドコモの料金は違いがあるのですが通話無しSIMでは両プラン共に同じ料金となります。ただし、SMS機能を利用する場合はドコモは月額120円別途必要になります。

  500MB 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
au 700円 800円 900円 1,580円 2,520円 3,980円 3,980円
ドコモ 700円 800円 900円 1,580円 2,520円 3,980円 3,980円

mineo(マイネオ)のオプション

mineoでんわ 10分かけ放題:月額850円

LaLa Call(050のIPでんわ。):月額100円。別途通話料。

ウイルスバスター モバイル(セキュリティソフト): 月額270円

メールウイルスチェック:月額200円

スマホ操作アシスト:月額500円

訪問サポート:9,000円~

端末安心保証サービス:月額370円

持込み端末安心保証サービス:月額500円

安心バックアップ:月額500円

mineo安心パック2:月額550円

ジュニアパック:月額200円

シニアパック:月額200円

スマート留守電:月額290円

まとめ

マイネオ(mineo)の格安スマホとしての評価は悪くないと思います。

ただ、セットになるスマホ本体(端末)の種類が少ないというのが、もうひとつといったところでしょうか。

幸い現在扱っているスマホ本体は悪くありません。格安スマホとして十分な端末だと思います。

それに、今後は取扱い機種も増えていくかもしれないと考えられます。

このことは自分でSIMフリーのスマホを用意できる人や今までキャリアで使っていたスマホを再度利用しようとしている人にとっては問題はありません。

スマホをマイネオ(mineo)の格安スマホにしようと検討してもよいと思われます。

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問