どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは

格安スマホおすすめは?マイネオ(mineo)はどうなの?

mineo

マイネオ(mineo)の↓公式サイトはこちら

mineo

格安スマホのマイネオ(mineo)は株式会社ケイ・オプティコムが運営する格安スマホの会社です。

この株式会社ケイ・オプティコムは関西電力が100%出資する系列子会社です。

東京電力と並ぶ大手電力会社なので会社としての信頼性は問題ないでしょう。

また、格安スマホとしては珍しくauとドコモの2つの通信回線を使っているというのが特徴でしょうか。

つまりマイネオ(mineo)ならau、ドコモのどちらでも選ぶことができるのです。

今までキャリアのドコモのスマホを使っている人がそのまま使っていたスマホをマイネオ(mineo)で利用することができるのです。auだった人も同じauのスマホを使えます。

そして使ってみて通信回線を変えたくなったら手数料2,000円でドコモ、au間の乗り換えも簡単にできます。

マイネオ(mineo)の良いところ、メリット

他社はデータ容量が1GBからのところが多いのですが、その半分の500MBから利用できるのでライトユーザーにとってはうれしいことでしょう。

また、月のデータ容量が余った場合は翌月に繰り越すことができるので無駄が少ないです。

そして家族間や友達とデータ容量を分け合うこともできるのが良いところでしょう。

さらにデータ容量を節約できるアプリも用意されています。必要がない時は、節約アプリのON/OFFをONにするとデータ容量が減らなくなります。

この辺はマイネオ(mineo)のメリットといえましょう。

デメリットとしては後述しますがセットで使うスマホ本体の取り扱い機種が少ない(特にドコモの通信回線を選ぶ人は)ことだと思います。

マイネオ(mineo)の通話SIM月額料金

マイネオ(mineo)で携帯電話として通話のできる通話SIMの他にデータSIM(通話ができないSIM)も扱っていますがここでは通話ができるデュアルタイプの通話SIMの料金を掲載しています。(※データSIMの料金はページ下段に掲載しています。)

SIMとは?→スマホやタブレットで通信行うためのICカードです。
GB(ギガバイト)?→ここではSIM(ICカード)のデータ(サイズ)の容量を示します。

500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
au 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円
ドコモ 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

表をご覧いただくとわかりますがマイネオ(mineo)ではauのプランの方がドコモより各コース90円安くなっています。

auとドコモのどちらを選ぶかは好みもありますが、たとえば今までキャリアのauのスマホを利用しており、そのスマホをそのまま利用したい場合は当然auのプランを選ぶということになります。手持ちがドコモであればドコモのプランをというわけです。

どのSIM(データ容量)を選ぶ?

マイネオ(mineo)は500MBのプランから選ぶことができますが1GBとの料金の差は100円しかありません。

この倍の容量の差は大きいと思いますので、ライトユーザーの方でも余裕を持って!GBのプランをおすすめします。節約、節約で焦ってスマホを使うのもストレスを感じてしまうのではないでしょうか。

不通にスマホをに使いこなしたいという方なら3GBで十分でしょう。統計によるとデータ容量の平均の数値は2GBと言われますので3GBのプランでマイネオ(mineo)の繰り越しシステムもありますのでかなり使えると思います。

動画もゲームもガンガン使いたい、スマホを使い回したいというヘビーユーザーならば5GB、10GBでしょう。特に10GBなら万全です。

マイネオ(mineo)の評判、口コミ評価は?

マイネオ(mineo)は当初はauの通信回線のみだったのが、NTTドコモの通信回線も導入されてユーザーにとっては選択の幅が増えて利用しやすくなったということでしょう。

2回線になったことでドコモからauへ、auからドコモへとの切り替えも簡単にできるようになりました。

肝心の回線スピードも概ね悪くないようです。格別に早いわけでもないですが普通に使えるということで評判は良いようです。

ただ、この通信回線のスピードは単純に利用者が多くなればなるほどスピードが遅くなるもので一概にどこの会社が速い、遅いということは言えないのです。

ユーザーが増えれば遅くなるし、少なくなれば早い。つまりテレビなどでガンガン宣伝すれば加入者が増え遅くなる可能性があります。

ということは、会社としてどれだけシステムの補強ができるかということでしょう。そういう意味では関西電力の子会社ということもあり、フォローもしっかりとやってくれるという期待ができると思います。

マイネオ(mineo)の取扱いスマホ

マイネオ(mineo)ではスマホ本体(端末)を自分で用意してSIMのみ単体で注文することができますが、スマホ本体(端末)も購入してSIMとセットで利用することができます。

セットで購入するとSIMの初期設定もされていますのですぐにスマホを利用することができるので便利です。

取扱い機種は数種類ありますので、この中から自分の好み、利用の仕方で選べばよいでしょう。

おすすめ機種のスマホセットは

auプラン

arrows MO2 一括払い:32,400円(分割払い:1,350円×24ヶ月)

arrows MO2

マイネオ(mineo)での一番のおすすめは富士通のarrows MO2でしょう。なんといっても日本製という安心感がありますし、5.0インチの有機ELディスプレイなので色鮮やかな画面が映し出されます。

防水、防塵で耐摩耗性に優れたフッ素系ハードコーティングが施されています。

カメラ機能はメイン810万画素、サブカメラ240万画素。おサイフケータイも利用できます。

他メーカーの同価格帯のスマホと比べて電池持ちが良いのが特長といえるでしょうか。

格安スマホの中で人気の機種であることは間違いありません。

LUCE

こちらも日本の京セラ製のスマホです。価格が26,400円(分割払い1,100円×24回)とリーズナブルです。

LUCE

とにかく値段が安いほうがいいという人におすすめです。手におさまるコンパクトなボディなので使いやすい、ちゃんと防水、防塵の機能も施されています。

最強とはいいませんが、普通に利用するスマホとしては問題ありません。

AQUOS Serie

もうひとつAQUOS Serieという機種もありますが、これは価格が50,400円と高くコストパフォーマンス的にあまりおすすめできません。

ドコモプラン

ドコモプランでは現状auプランと同じarrows MO2しか選べません。

以上、おすすめスマホを掲載しましたが、その詳細や他の機種の情報もマイネオ(mineo)の公式サイトには掲載されています。

ただ、マイネオ(mineo)ではスマホ本体の扱い機種が少ないです。上記したようにドコモプランでは1機種しかありません。

セットになる機種が好みでない場合はamazonなどの通販で気に入る機種を別に探してSIMのみの契約するという方法もあります。

まあ、特にこだわらなければマイネオ(mineo)のセット商品であるarrows MO2でも十分スマホとしての機能は楽しめると思います。

マイネオと契約するときに必要なもの

本人名義のクレジットカード

※支払い方法はクレジットカード。ただし、e光ネットで口座振替を利用している人は可。

本人確認書類(免許証、健康保険証 など)

※他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら

マイネオの契約方法・購入手続き

手順

プランの選択1.:auプラン(Aプラン)かドコモプラン(Dプラン)かの選択。

プランの選択2.:スマホ本体とセットで購入、またはSIM(データ量)のみか。

SIMのデータ量の決定:何GB?にするか。

マイネオの注意点

最低利用期間:なし。ただし、開始月から12ヶ月以内に電話番号ポータピリティ(MNP)で他社に転出する場合はMNP転出手数料12,420円かかります。

データSIMは違約金はありません。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

マイネオ(mineo)の↓公式サイトはこちら

mineo

データSIMの月額料金

通話専用のガラケーを利用しインターネットなどは通話無しのデータSIMでスマホを使いたい、またはタブレット用にデータSIMを利用したいという人は楽天モバイルのデータSIMを利用できます。

通話ができるSIMではauとドコモの料金は違いがあるのですが通話無しSIMでは両プラン共に同じ料金となります。ただし、SMS機能を利用する場合はドコモは月額120円別途必要になります。

  500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
au 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
ドコモ 700円 800円 900円 1,580円 2,520円

まとめ

マイネオ(mineo)の格安スマホとしての評価は悪くないと思います。

ただ、セットになるスマホ本体(端末)の種類が少ないというのが、もうひとつといったところでしょうか。

幸い現在扱っているスマホ本体は悪くありません。格安スマホとして十分な端末だと思います。

それに、今後は取扱い機種も増えていくかもしれないと考えられます。

このことは自分でSIMフリーのスマホを用意できる人や今までキャリアで使っていたスマホを再度利用しようとしている人にとっては問題はありません。

スマホをマイネオ(mineo)の格安スマホにしようと検討してもよいと思われます。

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問