< /head>
どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

1,980円のUQmobile、ワイモバイルと、1、880円楽天モバイルを比較

MVNO(格安スマホ)の業界も一段と競争が激しくなり、各社あの手この手でユーザー獲得競争が行われています。

その中で、いち早くワイモバイル(Y!mobile)がいちきゅっぱ1,980円という月額料金を打ち出し、UQmobileも同じく1,980円で続き、あの楽天モバイルは100円下げて1,880円というプランをリリースしました。

各社ともに端末であるスマホ本体(ワイモバイルは別料金)、無料通話サービスを月額料金に組み入れたお得なプランです。

さて、ではどこがいいのか?お得なのか、この3社の格安プランを比較してみることにしました。

UQmobile(ユーキューモバイル)のぴったりプラン(月額1,980円)

ぴったりプラン

ぴったりプラン

表の赤字の部分が期間限定の料金でありサービスで、料金は利用月から13か月目以降に通常の2,980円に戻り、データ容量、国内無料通話は課金開始月から起算して26ヶ月以降は通常の(表の黒字部分)プランに戻ります。

つまり月額料金に関しては約一年間1,000円引きになり、データ容量、無料通話は約2年間2倍に増量になるということです。

これに、端末であるスマホが富士通のarrows M02京セラ製のKC-01のどちらかを選ぶことができます。

さらにAndroid版のスマートフォンセキュリティのアプリを始めとして10種類のアプリが無料で付いてきます。他のソフトはともかくセキュリティソフトはあると安心なので必要なアプリだと思います。

もう少しデータ容量がほしいと方には「たっぷりプラン」というのがあります。

たっぷりプラン

たっぷりプラン

これはデータ容量、国内無料通話がそれぞれ2倍になり、月額料金が1,000円増しというプランです。

少しヘビーに使いたいならこちらのプランの方がよいでしょう。

それぞれ2年契約となり、契約期間外に解約すると9,500円の契約解除料がかかります。

UQ mobile↓の公式サイトはこちら

UQ mobile

ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルはMVNO(格安スマホ)とは違い実質的にはMNO(移動体通信事業者)でありキャリアの仲間なのです。(だから@yahoo.ne.jpという携帯用のキャリアメールが使えます。)

それゆえ当初は料金がそれほど安いとは思えなかったのですが、ここにきて格安のスマホプランを出してきました。

以前からテレビコマーシャルで流してきたにゃんきゅっぱ(2,980円)からわんきゅっぱ(1,980円)がプラスされました。

スマホプランS

スマホプランS

スマホプランM

スマホプランM

スマホプランL

スマホプランL

※13か月目以降は通常の月額料金に戻ります。

※それぞれ2年契約となり、契約期間外に解約すると9,500円の契約解除料がかかります。

これはUQmobileとほぼ同じで1年間は割引料金となり、二年目以降は通常料金になるというものです。

ただし、大きな違いはワイモバイルには端末であるスマホは別売りということです。

UQmobileは2機種に限定されますが、無料でプランにスマホが付いてきます。

この違いはUQmobileと比較してしまうと大きなマイナス点ではないでしょうか。

その代わりワイモバイルは国内無料通話1回10分まで月300回の通話サービスがあります。

Y!mobile(ワイモバイル)↓の公式サイトはこちら

Y!mobile

楽天モバイル

楽天モバイルは上記2社に対して月額料金が100円安い1,880円~です。いかにも2社に対抗してきた料金と思われます

そして1機種限定ですがスマホ本体も無料で付いてきます。

ただ、料金プランが少し複雑な設定になっています。

コミコミプランS

1年目月額料金1,880円→2年目2,980円→3年目以降2,446円

通信容量 2GB スマホ機種 ZTE BLADE E01

コミコミプランM

1年目月額料金2,480円→2年目3,480円→3年目以降2,230円

通信容量 2GB スマホ機種 HUAWEI P9 lite

コミコミプランL

1年目月額料金2,980円→2年目3,980円→3年目以降2,613円

通信容量 4GB スマホ機種 HUAWEI P9 lite

※最低利用期間は2年間。契約期間外で解約した場合は契約解除手数料12,000円がかかります。

上記のプランに1回5分以内国内通話が何回でもかけられる無料通話が加わります。

それぞれのプラン1機種限定でスマホを選べないのですが無料でスマホが付いてくるというのはお得だと思います。

おすすめとしてはHUAWEI P9 liteを選べるプランでしょう。前モデルのP8 liteも評判が良かったので後継機種であるP9 liteはさらにバージョンアップしています。(機種の詳しいスペック楽天モバイルのは公式サイトで)

楽天モバイル↓の公式サイトはこちら

【楽天モバイル】

まとめ

この3社のうちワイモバイルは1,980円と言えどもスマホ本体が込みで付いてこないというのが少し考えてしまうところです。

やはり、おすすめとしてはUQmobileか楽天モバイルといったところでしょう。

UQmobileならスマホの機種はarrows M02がおすすめ。楽天モバイルならスマホの機種がHUAWEI P9 liteのプランを。

あとは、ご自分のスマホを使う状況を考え選ぶべきでしょう。たとえば頻繁にはスマホを使わないのでデータ容量はそれほどいらないとか、電話をかける機会が多いのでワイモバイルがよいとか個人の使い方によって選ぶ方法は変わると思います。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問