どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは

格安スマホおすすめは?b-mobile(ビーモバイル)はどうなの?

ビーモバイル

b-mobile(ビーモバイル)↓の公式サイトはこちら

b-mobile

b-mobile(ビーモバイル)はデータ通信のパイオニアと言ってもいい日本通信が運営するMVNO(格安スマホ)です。

b-mobile(ビーモバイル)の通話SIM月額料金

b-mobile(ビーモバイル)で携帯電話として通話のできる通話SIMの他にデータSIM(通話ができないSIM)、タブレット、ルータも扱っていますがここでは通話ができる通話SIMの料金を掲載しています。(※データSIMの料金はページ下段に掲載しています。)

SIMとは?→スマホやタブレットで通信行うためのICカードです。
GB(ギガバイト)?→ここではSIM(ICカード)のデータ(サイズ)の容量を示します。

おかわりSIM料金表

1GB 2GB 3GB 4GB 5GB
1,300円 1,550円 1,800円 2,050円 2,300円

b-mobile(ビーモバイル)の音声通話付きSIMは「おかわりSIM」といい、1GB1,300円から始まり1GBごと250円づつ料金が増えていき5GBまで2,300円というプランになっています。

1GB1,300円からその月に使ったデータ量により料金が増えていくとシステムです。最大は5GB迄です。5段階になっているのでスマホのデータ量をあまり使わなかった月は料金を節約することもできます。

上限が決まっているので、うっかり使い過ぎて料金が加算でしまい高額になってしまうという心配がありません。また、5GBを超えたしても速度が200kbpsに制限されますが継続して使うことはできます。

この「おかわりASIM」プランの他にb-mobileでは「高速定額」というプランがあります。月額1,980円のライトプランは3GB、もうひとつ月額2,780円のプランは通信速度制限なし、データ量無制限というプランです。

b-mobile(ビーモバイル)の評判は?

「おかわりSIM」というユニークな名前のプランですが、使ったデータ量で1GBづつ料金が増えていくというのは初心者には適しているプランだと思います。

初めてスマホを使う人だと毎月どのくらいのGB(データ量)を使うかわからないと思います。

それで少し多めのデータ量のプランを選んだら実際にはそれほどデータ量を使わず毎月の料金がもったいない、そんなことも考えられます。

「おかわりSIM」なら1GBから始められるのでそんなことになりません。使った分だけの料金を支払えばよいのですから。

もうひとつの「高速定額」というプランは今のところおすすめできません。

というのも、この「高速定額」というプランは口コミの評判が悪すぎるからです。単純に通信速度が遅いという評価なのです。ぶっちゃけて言えば通信速度というのは、加入者が多ければ通信回線が混雑して遅くなります。

b-mobileに限らずどこでもそういうことです。そこで通信量の増強をすればまた速くなります。この辺の兼ね合いが難しいようです。

まあ、今後b-mobileがどうフォローするのかわかりませんが、今は「高速定額」は控えておいた方がよいかもしれません。

b-mobile(ビーモバイル)↓の公式サイトはこちら

b-mobile

b-mobile(ビーモバイル)の取扱いスマホ

b-mobile(ビーモバイル)ではスマホ本体(端末)を自分で用意してSIMのみ単体で注文することができますが、スマホ本体(端末)も購入してSIMとセットで利用することができます。

おすすめのスマホ機種は

VAIO Phone

VAIO Phone

おすすめ機種というより、現在b-mobileはこのVAIO Phoneしか扱っていいません。

カラーは黒1色のみ、5インチ液晶、カメラ機能はメインカメラが1300万画素、サブカメラが500万画素なので写メを撮るには申し分ありません。

ただし、VAIO Phoneには上に掲載したデータプランとは別のプランが用意されています。

1GBの月額980円ライトプランと無制限の月額1,980円のプランです。これプラスVAIO Phoneの価格48,000円(24回分割払いで2,000円)ということになります。

b-mobile(ビーモバイル)と契約するときに必要なもの

本人名義のクレジットカード

※支払い方法はクレジットカードのみです。

本人確認書類(免許証、健康保険証 など)

※他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら

連絡のとれるメールアドレス。

b-mobile(ビーモバイル)の契約方法・購入手続き

手順

プランの選択(スマホ本体とセットで購入、またはSIM(データ量)のみか。

SIMのデータ量の決定:何GB?にするか。

b-mobile(ビーモバイル)の注意点

最低利用期間:通話SIMは開通から5か月間。

違約金:開通日から4ヶ月以内に解約、もしくはMNPによる転出した場合は違約金8,000円。

データSIMは違約金はありません。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

b-mobile(ビーモバイル)↓の公式サイトはこちら

b-mobile

データSIMの月額料金

通話専用のガラケーを利用しインターネットなどは通話無しのデータSIMでスマホを使いたい、またはタブレット用にデータSIMを利用したいという人はb-mobile(ビーモバイル)のデータSIMを利用できます。

1GB 2GB 3GB 4GB 5GB
500円 750円 1,000円 1,250円 1,500円

SMS(ショートメッセージ)付きSIMはプラス130円です。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問