どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

格安スマホおすすめは?UQ mobileはどうなの?

格安スマホおすすめは?UQ mobile

UQ mobile↓の公式サイトはこちら

UQ mobile

UQ mobileはKDDI(au)グループのUQコミュニケーションズが運営しているMVNO(移動通信事業者)なので当然通信回線はauの回線が使われています。

つまり、au(KDDI)のサブブランドであり、格安スマホ対策のブランドと言えるでしょう。

特長として現状においての口コミでは、格安スマホの中で通信速度が最速と言われていることです。

時には親ブランドであるauをも凌いだことがありました。

格安スマホはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べて通信速度が遅いのではないかと言われている中で、ことUQモバイルに関しては負けてはいません。

また、最近では女優の深田恭子らをテレビコマーシャルに採用し、ユーザーも大量に増やしています。

UQmobileの料金プラン

UQmobileではスマホ本体とSIM(高速データ通信)がセットになったプランとSIMのみプランの2つがあります。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン

プランS プランM プランL
月額料金 1,980円 2,480円 4,980円
家族割 1,480円 2,480円 4,480円
データ容量 2GB 6GB 14GB

※ 月額料金は14か月目からそれぞれプラス1,000円が加算されます。

※ データ容量は26か月目からそれぞれ半分の容量になります。

※ おしゃべりプランには国内通話5分以内何回でもかけ放題になります。

※ ぴったりプランは国内通話Sが60分以内、Mが120分以内、Lが180分以内無料。ただし、26か月目以降はそれぞれ半分になります。

※ 通話は各設定時間を超えると30秒ごとに別途20円の通話料金がかかります。

家族割というのはテレビコマーシャルでさかんに宣伝している1,480円(イチヨンパ)のことで、家族で2台目以降はこの料金で利用できます。

少し変則的なプラン設定になっています。月額料金が14か月目から1,000円加算され、データ容量が26か月目以降から半分になってしまいます。さらにぴったりプランの通話時間も半分になります。

この辺はなんともいえない設定ですが、一見ユーザーに安いと思わせる意味なのでしょう。

でも、たしかにデータ容量2GBで5分以内電話かけ放題で1,980円でスマホが利用できるというのは安いと思われます。

2年間限定で使ってみようと考えれば、この内容は魅力的なプランでしょう。

ただ、たとえば2GBのプランなら、14か月目以降は1,980円が2,980円になり、26か月目以降、データ容量が2GBから1GBに減るというのはどうなのでしょう?

ちょっと考えさせられます。

これらのプランは課金月から25か月間が契約期間となるので契約満了の翌月に解約してしまえばお得かもしれません。(途中解約は9,500円かかります)

SIM((データ通信容量)のみのプラン

データ高速プラン データ高速+音声通話 データ無制限 データ無制限+音声通話
月額料金 980円 1,680円 1,980円 2,680円
データ容量 3GBデータ高速 3GBデータ高速 送受信無制限(速度500kbps) 送受信無制限(速度500kbps)

SIMのみの契約は3GBのプランとデータ容量無制限の2つのプランに分かれます。

データ容量使い放題はうれしいのですが、通信速度が500kbpsと遅くなります。

この通信速度だとHD画質の動画や高度なスマホゲームを楽しむには残念なことになるでしょう。

インターネットや軽く動くアプリなどはそれほど不便を感じず利用できるかもしれません。。

ただ、やはりおすすめは3GBの高速データ通信です。せっかく機種もLTEの時代になっているのですから、その高速通信を使ってみたいものです。

このデータ通信のみのプランの残念なところは高速データ通信のデータ容量が3GBしかないことです。

他社なら3GB~20GBぐらいまで細かくプランが設定されています。

ここのところはUQモバイルが売りたいのはセットのプランだからSIMのみのプランはあまり力をいれないということでしょう。

UQ mobileと契約するときに必要なもの

UQ mobileに申し込み

※ 3.メールアドレスはキャリアの方キャリアメールが使えなくなるのでフリー(無料)のメールアドレスを用意しおきましょう。Gmailがおすすめ。

※ 4.他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら。新しい電話番号でよい方は必要無いです。

※ 5.UQモバイルの通信回線はauなので、auのスマホでの乗り換えはSIMロック解除は必要なし。

※ 5.ドコモ、ソフトバンクのユーザーは必要。ドコモのSIMロック解除の方法auのSIMロック解除の方法新規にスマホをLINEモバイルで購入するなら不要。

UQ mobile↓の公式サイトはこちら

UQ mobile

UQ mobileの扱う格安スマホ端末

UQ mobileでは常時、20種類以上の格安スマホを扱っているので選択肢は多いです。

日本のシャープ、富士通。京セラやSIMフリースマホとして人気のHUAWAI、ZenFoneなど幅広く揃えられています。

さらに、格安スマホとは言えませんがiPhone SEやiPhone 6Sも扱っています。

おすすめの機種は3万円台以上のものが良いです。

UQ mobileのオプション

端末補償サービス:月額380円

セキュリティー:月額500円

UQあんしんパック:月額500円

家族みまもりパック:月額380円

UQあんしんサポート:月額350円

クラウドバックアップby AOS Cloud:月額300円

UQ SNSセキュリティby My Permissions:月額350円

AppleCare+ for iPhone:月額534円~

メールサービス:月額200円

まとめ

UQモバイルの最大のおすすめなところは、その通信速度です。

雑誌などメディアはもちろん、口コミでも話題になるのは通信速度が速いということです。

今や、4G・LTEの時代、スマホでもストレスなく使いたいものです。

とかく格安スマホは通信速度が遅いのではないかということはよく聞かれますが、UQmobileに限ってはそんなことはありません。

むしろ、キャリアより速いと言う人もいます。

もちろん、他のMVNO(モバイル通信事業者)もかなり改善されています。

ですが、やはりUQmobileが頭ひとつ抜けていることは否めません。

いま、テレビコマーシャルなどの影響でユーザーがどんどん増えているということで、増えたことで通信回線が混みあってくるのは予想されます。

ユーザーが増えても現状の通信速度が維持できるのかを見守りたい気もします。

ユーザーが増えれば通信回線が混雑して通信速度が遅くなるのは当たり前のことです。

もちろん他社でも。

どれだけフォローできるかでしょう。

UQmobileならauというバックボーンもあるので問題なくこなしてしまうのかもしれません。

期待しましょう。

UQ mobile↓の公式サイトはこちら

UQ mobile

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問