どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

格安スマホおすすめは?IIJmioはどうなの?

格安スマホおすすめは?IIJmio

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

IIJmioはMVNO(格安スマホ)の中で特別に料金が安いわけでもありませんが、常に上位の人気を誇る会社です。契約者が増えても総体的に常時、高品質の通信回線を維持するべく姿勢が支持されているようです。

また、インターネットプロバイダーとしての長い経験と実績がユーザーの信頼を得ているのだと思います。

通信回線をドコモとauの2つの回線を扱っているのも特長のひとつでしょう。

IIJmioの通話SIM月額料金

IIJmioで携帯電話として通話のできる通話SIMの他にデータSIM(通話ができないSIM)、タブレット、ルータも扱っていますがここでは通話ができる通話SIMの料金を掲載しています。(※データSIMの料金はページ下段に掲載しています。)

SIMとは?→スマホやタブレットで通信行うためのICカードです。
GB(ギガバイト)?→ここではSIM(ICカード)のデータ(サイズ)の容量を示します。

音声通話機能付きSIM

3GB 5GB 10GN
1,600円 2,220円 3,260円

データ通信用SIM

3GB 5GB 10GN
900円 1,520円 2,560円

データ通信SMS機能付きSIM

3GB 5GB 10GN
1,040円 1,660円 2,700円~

3GB(ミニマムスタートプラン)5GB(ライトスタートプラン)10GB(ファミリーシェアプラン)という3つのコースがあり、このうちファミリーシェアプランは最大10枚までのSIMカードが使えます。このプランは文字通り家族で持ち合うのに適していると思います。

データ量はバンドルクーポンという仕様でアプリによるデータ量の管理が可能です。このアプリによるLTE(下り最大300Mbps、上り最大50Mbps)から最大200kbpsの遅い速度に切り替えることができます。このことによってLTE分のデータ量を節約することができます。

各データ容量はその月に使いきれず余った分は翌月に自動的に繰り越せるので無駄が出にくいです。また、足りなくなったらデータ容量の追加(100MB/200円)もできますので安心です。

通話定額オプション:格安スマホおすすめは?IIJmio

音声機能通話SIMのオプションとして通話定額オプションがあります。

これはIIJmioが発行する格安スマホおすすめは?IIJmioという無料のアプリを通して電話をすると1ヶ月の定額料金で通話できるというものです。

月額料金600円:誰とでも3分以内、家族となら10分以内国内通話かけ放題。

月額料金830円:誰とでも10分以内、家族となら30分以内国内通話かけ放題。

※ 制限時間を過ぎた場合は30秒10円です。

※ フリーダイアル、ナビダイアル、110番にはかけることができません。

※ みおふぉんダイヤルを使わない通常の電話料金は30秒20円です。

IIJmioの評判は?

当初はドコモの通信回線のみだっのですが、最近になりauの通信回線も利用できるようになり、auユーザーからの乗り換えも多少はよくなりました。

どちらにしても2回線あるということはユーザーの選択肢も増えたので喜ばしいことだと思います。

前述したように、プロバイダーとしての培った技術があり、MVNO(仮想移動体モバイル通信事業者)として信頼おけるという根強い評判、評価がIIJにはあります。

また、格安SIM、格安高速デジタル通信を広めたMVNOとも言えます。

思い切り派手な宣伝をするでもなく、キャッシュバック、特別なキャンペーンも多分やらないでしょう。

でも、常にMVNOのシェアの上位に君臨しているのは、その評価も高いということだと思います。

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

IIJmioの取扱いスマホ

IIJmioではスマホ本体(端末)を自分で用意してSIMのみ単体で注文することができますが、スマホ本体(端末)も購入してSIMとセットで利用することができます。

セットで購入するとSIMの初期設定もされていますのですぐにスマホを利用することができるので便利です。

取扱い機種は数種類ありますので、この中から自分の好み、利用の仕方で選べばよいでしょう。

取扱いスマホ機種は

IIJmioでも常時コスパに優れた格安スマホの端末を扱っています。

まったくスマホ初心者、新規の人にも心配ありません。

2万円台後半から6万円台までバラエティーとんだスマホがあるので予算に合わせて選んでください。

(1万円台の低価格の商品はあまりおすすめしません。)

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のiPhoneから乗り換えるユーザー

現在、キャリアのiPhoneを使っていてそのままSIMカードだけ取り換えて利用したい人にはSIMロック解除をする必要があります。

ドコモのユーザーはSIMロック解除しなくても大丈夫。auユーザーは一部機種を除いて、ソフトバンクのユーザーはすべてSIMロック解除が必要になります。

※ 下の表を参照

タイプD(ドコモの通信回線)で利用する場合

ドコモのユーザーはSIMロック解除が不要のタイプDをおすすめします。

タイプA(auの通信回線)で利用する場合

IIJmioと契約するときに必要なもの

IIJmioと契約するときに必要なもの

SIMロック解除の方法はこちら

IIJmioの契約方法・購入手続き

手順

プランの選択(スマホ本体とセットで購入、またはSIM(データ量)のみか。

SIMのデータ量の決定:何GB?にするか。

IIJmioの注意点

最低利用期間:音声通話機能付きSIMカードを12ヶ月以内に解約した場合は。(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円となります。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

まとめ

I当初は月額料金を他社よりグンと引き下げ圧倒的な人気が出たのですが、他社も負けじと追随してきて今では特別に料金が安いわけではありませんが、その通信品質には定評があります。

ユーザーが急激に増えてもすぐにシステムを改善して高速通信を確保してくれるという過去の実績があるからです。もちろん、一時的に遅くなるということがあってもフォローしてくれると思うので安心していられます。

サービス的にもデータ量が余った場合の翌月への繰り越し、「みおふぉんダイヤル」、ファミリーシェアプラン、「みおぽん」アプリでのデータ量の管理など使い勝手は十分です。

どうしても一円でも安い料金しか払いたくないという人以外には安心しておすすめできる格安スマホだと思います。

IIJmioのオプション

みまもりパック:月額500円お子様の為の有害サイトへのブロックとセキュリティ対策。

迷惑防止パック:月額500円

セキュリティ対策と迷惑電話対応ソフト。

※オプションはもちろん必要とした人だけが申し込むサービスです。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問