どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは

格安スマホおすすめは?IIJmioはどうなの?

IIJmio

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

IIJmioはMVNO(格安スマホ)の中で特別に料金が安いわけでもありませんが、常に上位の人気を誇る会社です。契約者が増えても総体的に常時、高品質の通信回線を維持するべく姿勢が支持されているようです。

IIJmioの通話SIM月額料金

IIJmioで携帯電話として通話のできる通話SIMの他にデータSIM(通話ができないSIM)、タブレット、ルータも扱っていますがここでは通話ができる通話SIMの料金を掲載しています。(※データSIMの料金はページ下段に掲載しています。)

SIMとは?→スマホやタブレットで通信行うためのICカードです。
GB(ギガバイト)?→ここではSIM(ICカード)のデータ(サイズ)の容量を示します。

音声通話機能付きSIM

3GB 5GB 10GN
1,600円 2,220円 3,260円

データ通信用SIM

3GB 5GB 10GN
900円 1,520円 2,560円

データ通信SMS機能付きSIM

3GB 5GB 10GN
1,040円 1,660円 2,700円~

3GB(ミニマムスタートプラン)5GB(ライトスタートプラン)10GB(ファミリーシェアプラン)という3つのコースがあり、このうちファミリーシェアプランは最大10枚までのSIMカードが使えます。このプランは文字通り家族で持ち合うのに適していると思います。

データ量はバンドルクーポンという仕様でアプリによるデータ量の管理が可能です。このアプリによるLTE(下り最大300Mbps、上り最大50Mbps)から最大200kbpsの遅い速度に切り替えることができます。このことによってLTE分のデータ量を節約することができます。

各データ容量はその月に使いきれず余った分は翌月に自動的に繰り越せるので無駄が出にくいです。また、足りなくなったらデータ容量の追加(100MB/200円)もできますので安心です。

IIJmioの評判は?

データ量を管理できるアプリとか小まめに100MB/200円で追加できたりとか細かいサービスが行き届いています。

電話の通話料も「みおふぉんダイヤル」というアプリを使えば通常料金の半額30秒/10円で通話することができるのも評判が良いようです。

他社のようにキャンペーンを常時やるわけでもなく、地味な感じですが堅実な運営をしてくれるとの期待もあります。

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

IIJmioの取扱いスマホ

IIJmioではスマホ本体(端末)を自分で用意してSIMのみ単体で注文することができますが、スマホ本体(端末)も購入してSIMとセットで利用することができます。

セットで購入するとSIMの初期設定もされていますのですぐにスマホを利用することができるので便利です。

取扱い機種は数種類ありますので、この中から自分の好み、利用の仕方で選べばよいでしょう。

おすすめのスマホ機種は

ASUS ZenFone Max、ASUS ZenFone Go、ASUS ZenFone 2 Laser、HUAWEI GR5、富士通arrows M02

ど定番と言える富士通のarrows M02を筆頭にASUS ZenFone、HUAWEIのスマホを扱っています。

arrows M02

arrows M02     

格安スマホのほとんどの会社が扱っている富士通のarrows M02はどなたにも扱いやすい機種として人気です。約5インチ液晶画面、防水、防塵、おサイフケータイ機能、810万画素のメインカメラ、スマホとしての機能に文句はありません。一括払い29,800円、24回分割払いで1,300円という価格で販売されています。

ZenFone Go

    

ZenFone Goは2016年4月2日に発売された新モデルです。5.5インチの液晶大画面、メインカメラ800万画素、インカメラ500万画素でこれといった特徴はないのですが価格が安いです。一括払い19,800円、24回分割払い850円とたいへんリーズナブルです。スマホのエントリーモデルとして適しているのではないでしょうか。ライトユーザーの方におすすめです。

HUAWEI GR5

HUAWEI GR5

HUAWEI GR5はIIJmioでは一括払いで32,800円、24回分割払いで1.400円とarrows M02より少し高いですが、それに見合う性能があります。まずアルミ・マグネシウム合金にヘアーライン加工を施した高級感あふれる外観、5.5インチの大画面、指紋認証機能、メインカメラが1300万画素、インカメラ500万画素、さらに電池持ちも良い。カメラ性能が良いので写メを撮りたい人には最適です。とにかく見た目の安っぽさがないので大人が持つスマホとして十分でしょう。アルミ・マグネシウム合金の外観はカッコいいですよ。

IIJmioと契約するときに必要なもの

本人名義のクレジットカード

※支払い方法はクレジットカードのみです。

本人確認書類(免許証、健康保険証 など)

※他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら

連絡のとれるメールアドレス。

IIJmioの契約方法・購入手続き

手順

プランの選択(スマホ本体とセットで購入、またはSIM(データ量)のみか。

SIMのデータ量の決定:何GB?にするか。

IIJmioの注意点

最低利用期間:音声通話機能付きSIMカードを12ヶ月以内に解約した場合は。(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円となります。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

まとめ

I当初は月額料金を他社よりグンと引き下げ圧倒的な人気が出たのですが、他社も負けじと追随してきて今では特別に料金が安いわけではありませんが、その通信品質には定評があります。

ユーザーが急激に増えてもすぐにシステムを改善して高速通信を確保してくれるという過去の実績があるからです。もちろん、一時的に遅くなるということがあってもフォローしてくれると思うので安心していられます。

サービス的にもデータ量が余った場合の翌月への繰り越し、「みおふぉんダイヤル」、ファミリーシェアプラン、「みおぽん」アプリでのデータ量の管理など使い勝手は十分です。

どうしても一円でも安い料金しか払いたくないという人以外には安心しておすすめできる格安スマホだと思います。

IIJmioのオプション

みまもりパック:月額500円お子様の為の有害サイトへのブロックとセキュリティ対策。

迷惑防止パック:月額500円

セキュリティ対策と迷惑電話対応ソフト。

※オプションはもちろん必要とした人だけが申し込むサービスです。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問