どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

格安スマホおすすめは?楽天モバイルはどうなの?

楽天モバイル

楽天モバイル↓の公式サイトはこちら

【楽天モバイル】

楽天モバイルは通販でおなじみの楽天市場の系列会社です。その点では企業として信頼できると言ってよいと思われます。

MVNO(仮想移動体通信事業者)としての楽天モバイルはNTTドコモの通信回線を利用しているので通信エリアはドコモと同じになります。

楽天モバイルの特徴としてはなんといっても楽天グループと連動してのサービスがあることでしょう。

特に通販の楽天市場で買い物をする人にはメリットが大きいです。

毎月の楽天モバイルの支払料金で自動的に楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

ポイントは100円に付き1ポイント貯まることになり、貯まったポイントは楽天市場での買い物や楽天トラベルでの旅行代金など、楽天グループのサービスに1ポイント1円として利用することができます。

また、楽天モバイル契約者は楽天市場で購入したときにポイントが2倍に付与されるという特典がありますので楽天グループのサービスを利用している人にとってはかなりお得になるでしょう。

楽天モバイルのプランと料金

楽天モバイルには電話5分以内かけ放題とデータ通信容量がセットになったスーパーホーダイとデータ通信容量とオプションの組み合わせができる組み合わせプランの2つがあります。

スーパーホーダイ(月額料金)

プランS 1年目
1,980円
2年目
2,980円
高速データ通信
容量2GB
最大速度1Mbps
使い放題
プランM 1年目2,980円 2年目3,980円 高速データ通信
容量6GB
最大速度1Mbps
使い放題
プランL 1年目4,980円 2年目5,880円 高速データ通信
容量14GB
最大速度1Mbps
使い放題

※各プラン共に最低利用期間は24ヶ月になります。

スーパーホーダイは高速データ通信プランを、その月に使い切ってしまっても、準高速の通信回線である最大1Mbpsの速度を使い放題できるというもの。

1Mbpsというのはインターネットやアプリはもちろん、YouTube(ユーチューブ)などの動画もそこそこ視聴できるという速度です。HD画質でもまあ見れます。

そのデータ通信容量プラス国内通話なら5分以内何回でも電話かけることができるという組み合わせです。

注意しなくてはいけないのは月額料金が2年目以降は各プランともにプラス1,000円が加算されるということです。

単純に1年間は安く使えますが2年目以降は違いますよということでしょう。

このプランが安いか高いかはユーザーがどういう使い方をするか。スマホを使い回すという方には安いかもしれません。

でもライトユーザーでスマホを持っているけれどそれほど動画もアプリも利用しないという方にはもう一つの組み合わせプランのシングルな方を選んだ方がお得でしょう。

組み合わせプラン・月額基本料金

スーパーホーダイは通話SIMのみですが、こちらは通話SIM、高速データ通信SIMの二通り、さらに高速データ通信SIMは120円足せばSMS機能(ショートメッセージやLIENを使うのに必要。)をつけることができます。(通話SIMにはSMS機能が自動的に付いています。)

こちらのプランのオプションに月額850円で国内通話5分かけ放題、月額500円で安心リモートサポートなどを付けることができます。

電話をあまり利用しない人は5分かけ放題のオプションなしで、また、20GB、30GBの大容量を利用したい人はこのプランを選んだ方がよいでしょう。

表の中にベーシックプランというのがありますが、このプランは月額料金がたいへん安いのですが、通信速度が200Kbpsなので通信スピードが遅くなります。さらにデータ通信が使い放題で一見よいようですが、この通信速度が200Kbpsというのは動画などはほとんど見ることができないし、普通のインターネットを見る場合でもかなり遅く感じるので、あまりおすすめはできません。

それ以外のプランはLTE(下り最大225Mbps/上がり最大50Mbps)ですので快適にインターネットや動画を楽しむことができます。

楽天モバイルの特長は

楽天モバイルの利点は楽天ポイントが付くことと、支払いなどにポイントを利用できることでしょう。

楽天市場や楽天トラベルなど楽天グループのポイントを利用できます。

また、キャンペーンなども多く、その都度スマホ端末や格安で購入できることがあります。

さらに扱う端末も他社に比べて機種が多いので新たにスマホも購入したいという方には選択肢が増えてよいでしょう。

楽天モバイルの評判は?みんなの口コミは?

楽天モバイルの口コミやネット上での評判はおおむね良いようです。

前述したように楽天グループの会社ということの信頼性もありますし、実際の利用者の評判としてもデータ回線の速度も現状では速さの不満も少ないようです。

ただ、この通信回線のスピードというのは利用者が多ければ多いほど回線が込み合い遅くなるということがあります。

通信回線が速いということで評判だった他社もユーザーが増えすぎ遅くなったという例もあります。

これはどこの格安スマホも同じ原理なので、どれだけ随時、補強できるかということになります。

その点、会社規模も大きい楽天グループの系列ということで期待しても良いのではないでしょうか。

さらに、最近のニュースでは楽天はMVNO(格安スマホ)だけでなく、キャリア(ドコモとかauとかと同じ立場)になるべく動きがあるということです。

楽天モバイル↓の公式サイトはこちら

【楽天モバイル】

契約するときに必要なもの

本人名義のクレジットカード

※支払い方法はクレジットカード、口座振替、楽天デビットカード、スルガ銀行デビットカード、楽天ポイントのいずれかになります。

本人確認書類(免許証、健康保険証 など)

メールアドレス楽天との連絡用に必要。(キャリアのメールアドレスは解約すると使えなくなるので不可。)事前にgoogleなどの無料メールのアドレスを用意しておきましょう。

※他社より電話番号乗り換えはMNP予約番号を取得しておく。MNP予約番号の取得の方法はこちら

楽天モバイルの契約方法・購入手続き

手順

プランの選択(スーパーホーダイか組み合わせプランか)

SIMのデータ量の決定(何GB?にするか)

端末の決定(手持ちのスマホか、楽天モバイルで購入するか)

※ au、ソフトバンクの手持ちのスマホを使う場合は事前にSIMロック解除の手続きをしておく。

auのSIMロック解除の方法

ソフトバンクのSIMロック解除の方法

オプション、支払い方法の決定。

楽天モバイルの注意点

最低利用期間:通話SIMは開通月を1ヶ月目として12ヶ月まで。

違約金:12ヶ月以内に解約の場合は違約金9,800円。

データSIMは違約金はありません。

契約した1ヶ月のGB(ギガバイト)を超えた場合は通信速度は200kbpsになります。

楽天モバイル↓の公式サイトはこちら

【楽天モバイル】

楽天モバイルのオプション

5分かけ放題(5分経過後は30秒10円):850円

アドレス帳・写真移行サービス:出張設定11,000円

端末保証:破損や故障などの発生時:月額500円

スマホサポート:電話での設定や使い方のサポート。月額500円

端末保証&スマホサポートパック:上記のオプション2つをセットにしたお得サービス。月額800円

スマートフォンセキュリティ:スマホのウィルスセキュリティサービス。月額300円

留守番電話:月額300円。

キャッチホン:月額200円。

転送電話:無料。

※オプションはもちろん必要とした人だけが申し込むサービスです。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問