< /head>
どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

arrows M03を扱っている格安スマホ会社の料金比較

arrows M03の写真

2016年7月下旬から発売された富士通のarrows M03が人気です。

というのも、このarrows M03の前のモデルM02がMVNO(格安スマホ)の定番的な商品となっているからです。

価格、機能とも優れたarrows M02がユーザーの圧倒的支持を受けて各社ともに扱う形になったわけです。

そしてこの後継機種がとうとう発売され新しいユーザーを獲得するようになったのです。

価格的には前モデルより10,000円前後高くなってしまったのですが、その分のバージョンアップは十分ではないでしょうか。

arrows M02のスペック

外形寸法・ 141mm/68.9mm/8.9mm
重さ 約149g
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
ディスプレイ 約5.0インチHD有機EL
OS Android 5.1
カメラ(背面) 810万画素
カメラ(前面) 240万画素
メモリ ROM16GB/RAM2GB
バッテリー 2330mAh

arrows M03のスペック

外形寸法・ 144mm/72mm/7.8mm
重さ 約141g
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
ディスプレイ 約5.0インチHD IPS液晶
OS Android 6.0
カメラ(背面) 1310万画素
カメラ(前面) 500万画素
メモリ ROM16GB/RAM2GB
バッテリー 2580mAh

防水・防塵機能、おサイフケータイ機能(ただしM03は2016年8月時点では楽天EdyとモバイルSUICAに未対応です。)変わらず。

新たにarrows M03はワンセグに対応しています。ジャイロセンサーも搭載しているので人気のゲームである「ポケモンGO」も問題なく遊べます。

電池性能も良くなりメーカー発表では余裕の3日持ちということです。

あと、格段と良くなったのがカメラ性能でアウトカメラ1310万画素インカメラ500万画素はデジカメ並みの画像が写せるでしょう。

F値2.0の高性能レンズにSONY製のCMOSセンサーを採用、これに富士通独自の画像処理エンジンが搭載されています。

インカメラも顔検出機能と500万画素にアップしたことにより自撮りが綺麗に撮れます。

M02とM03では約10,000円前後の価格の差がありますが、その価値は十分あると思います。

MVNO(格安スマホ)のarrows M03の価格

価格は税込みです。分割は24回払い計算。

楽天モバイル 一括35,424円
分割1,476円
IIJmio 一括35,424円
分割1,490円
Nifmo 一括38,400円
分割1,600円
BIGLOBE SIM 一括無し
分割1,609円
DMMmobile 一括36,504円
分割1,797円
UQモバイル 一括38,800円
分割2,980円

UQモバイルは分割払いの料金に1GB分の通話機能付きデータSIMの料金が含まれています。

各社の公式サイト一覧

MVNO(格安スマホ)のデータ料金プランも比較して検討して下さい。

【楽天モバイル】

IIJmio

スマホとSIMのセット

BIGLOBE SIM

DMMモバイル

UQ mobile

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問