どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

格安スマホ【比較表あり】普段、スマホをそんなに使わない人におすすめなのは

スマホはLINEやメール、たまにインターネットを使うぐらい。人からかかってくる電話やメール、LINEくらいしか利用していない。インターネットもそんなに使わない。そんなライトユーザーにおすすめの格安スマホを紹介します。

スマホはそんなに使わないけれどなくては困るという程度の方

ほとんど家族や友人との連絡用にLINEやメールぐらいしか普段スマホを利用していない。

電話もそんなにかけない、もちろんスマホゲームもしないし、動画なんかもあまり見ない。

そういう人は多いと思います。なのに毎月の携帯料金は6,000円~7,000円を支払っている。

大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)を利用していれば当然、そのぐらいの携帯代金はかかりますよね。もったいないですね。

スマホ代を節約したいと考えている人。

そんな人こそ格安スマホ。格安スマホに乗り換えましょう。

格安スマホなら毎月2~3,000円の料金で利用できます。

ライトユーザーの方におすすめの格安スマホ

スマホの基本料金はデータ通信容量(GB=ギガバイト)で決まります。

データ通信容量が多ければ多いほど、インターネット、動画、ゲームなどを長時間使えるわけなので、当然、多ければ月額料金が増えるわけです。

つまり、スマホで動画を見たり、ゲームをたくさんしない人はデータ通信容量が少ないプランで契約した方が月額料金を節約できます。

では、どのくらいのプランを選んだらよいのでしょうか?

大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)も同じですが、格安スマホの会社でも、だいたい1GB~30GBの幅で料金設定されています。

その容量の少ない1GBのプランでどのくらいのことができるのでしょう?

1ヶ月のデータ通信容量1GBでできること。※それぞれの操作のみを行なった場合を示しています。※ワイモバイルのデータより引用

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ2090通/月 およそ3,490ページ/月 およそ4時間30分/月 およそ250曲/月

どうでしょう?1GBあれば上記のことができるのでライトユーザーの方なら十分ではないでしょうか。

基本として1GBのプランを選択して、利用してみて足りないというなら、あとからもっと容量の多いコースに変更という手もあります。

1GBでの各社の料金比較

料金は各社共に音声機能付き通話SIMのものです。

DMMmobile BIGLOBEモバイル マイネオau マイネオドコモ UQ mobile 楽天モバイル
1,260円 1,400円 1,410円 1,500円 プラン無し プラン無し

料金が一番安いのはDMMmobileの1,260円が目立ちますね。マイネオのドコモプラン(マイネオにはドコモのDプランとauのAプランと通信回線が違う2つのプランがあります。)は1,500円と少々高いですね。

次に下の3GBプランの月額料金を見てください。

DMMmobile BIGLOBEモバイル マイネオau マイネオドコモ UQ mobile 楽天モバイル
1,500円 1,600円 1,510円 1,600円 1,680円 1,600円

と、各社1,500円~1,680円というふうになります。

DMMmobileは別としてその他は1GBの月額料金と比べてみると100円ほどの違いしかありません。

この辺をどう考えるのか?

1ヶ月のデータ通信容量1GBでできることを見ていただいてわかるようにライトユーザーにとっては1GBで十分だと思うのですが、月額100円の違いなら余裕をもって3GBのチョイスもありなのではということです。

もちろん、1円でもとにかく安い方が良いという方は文句なくDMMmobileの1GBプランを選んだ方がよいでしょう。

でも、もしかしたらちょっとゲームで遊んだら楽しくなって容量がオーバーしちゃいかもとか、思うなら3GBにしておいてもよいかと。

実際に使ってみたら楽しいことや便利なアプリがたくさんあるので、想像以上にデータ通信容量を消費してしまうこともあります。

1ヶ月のデータ通信容量の制限を超えてしまうと、データ通信が使えなくなるというわけではなく、通信スピードが低速通信(200kbps)になります

この低速通信になると、メールを読むとかは問題なく利用できますが、インターネットの表示が遅くなったり、アプリによっては利用しにくくなります。

まあ、翌月までそういう状況が続きます。(翌月になるとリセットされ通常のスピードに戻ります。)

電話をかけたり通話するのは全然、問題ありません。

当サイトのおすすめとしては3GBプランです。

月額1,500円程度の基本料金で毎月スマホが利用でき、電話をかける機会が多い人ならオプションで10分以内国内通話かけ放題(850円~)などの定額通話プランに加入すればよいのです。

データ通信容量850円と10分以内通話かけ放題合わせても月額2,350円

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べたら格段に月額料金が安いでしょう。

格安スマホの会社でおすすめは?

高評価MVNO(モバイル通信事業者)8社のプラン、月額料金、特長端末などを一覧表にして掲載。↓
おすすめ・人気の格安SIM・格安スマホの最安値を比較

格安スマホ(正式にはMVNO仮想移動体通信事業者)の会社は政府・総務省の指導により年々増加しています。

ご存知のように最近ではテレビコマーシャルなどでもどんどん宣伝されています。

では、どこの会社を選んだらよいのでしょうか?

正直、利用料金はどこも似たり寄ったりです。そうすると付帯するサービス、扱うスマホ機種によって選ぶということでしょうか。

現在、ドコモなどのキャリアに加入していて格安スマホに乗り換えようと考えている人

これは単純に各社の料金を基準に考えればよいのではないでしょうか。

手持ちのスマホのSIMカード(スマホに挿入されている小さなICカードのことです。)を格安スマホの会社のSIMカードに入れ替えるだけですから、値段が最大に安いところを選べば良いのです。

後は上の表の中から気にいった会社を選ぶということ。上の6社はMVNOとして人気の会社ですから安心しておすすめできます。

DMMmobileはインターネットネットの動画配信やDVDレンタル、ゲームサイト、証券会社など多種多様な会社を運営してるグループ会社です。

価格のの安さを標榜しており、事実1GBの音声通話付きSIMの1,260円は業界最安でしょう。

BIGLOBEモバイルはインターネット接続プロバイダーの老舗です。プロバイダーとしての実績があり、信頼のおける会社です。

マイネオ(mineo)は関西方面の方ならおなじみ関西電力の系列会社。ドコモの通信回線とauの通信回線の2つを扱っているのが特長です。

プランがシンプルなので特に初心者の方には向いているのではと思われます。

UQmobileは最近、深田恭子、多部未華子、永野芽郁といった人気女優をコマーシャルに使って話題になっていますが実はキャリアのauの子会社です。auの格安スマホ対策で作られた会社といってよいでしょう。

当然、通信回線はauの通信回線が使われています。そしてこのUQmobileのデータ通信速度は速いというのが口コミで評判になっています。通信速度が気になる人はここを選ぶのも有りでしょう。

楽天モバイルはズバリ、通販サイトの楽天市場のグループ会社です。

楽天市場の通販やや楽天トラベルの利用者なら楽天ポイントが貯まるし使えるので断然おすすめです。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを継続して利用する場合の注意点

ドコモでの電話番号を継続して使う場合はMNP予約番号が必要。

ドコモのMNP予約番号の取り方

auでの電話番号を継続して使う場合はMNP予約番号が必要。機種(iPhone、その他機種)をそのまま使う場合SIMロック解除が必要。

auのMNP予約番号の取り方・SIMロック解除の方法

ソフトバンクでの電話番号を継続して使う場合はMNP予約番号が必要。機種(iPhone、その他機種)をそのまま使う場合SIMロック解除が必要。

ソフトバンクのMNP予約番号の取り方・SIMロック解除の方法

現在スマホをもっていなくて、スマホを新しく購入したいという人

キャリアのスマホを持っているが新しく買い替えたいという人や新規にスマホを利用したいという人はデータ通信容量とスマホ端末をセットで購入するというプランが各社共にあります。

これはキャリでの購入形態と同じような感じですが料金は通信料金はもちろんキャリアより安いですし、扱っているセットのスマホもリーズナブルな商品となっています。

価格的には20,000円台からで、毎月の利用料金とで24回分割で購入できるところが、ほとんどなので一括での負担は少ないと思います。

現在、スマホを持っていない方は扱うスマホの機種がどんなものがあるのかが重要なことになってくるかもしれません。

ライトユーザー向けのおすすめのスマホ機種

電話をかけることの他、インターネットやメール、アプリを利用する程度の人にはそれほど高性能機種は必要としません。

もしろ、iPhoneなどの高性能機種はもったいないです。普通に便利なアプリを利用したり、写真を撮れたりするコスパに優れた格安スマホがおすすめです。

下記の3機種はコスパに優れた機種ととして代表的な製品です。

※価格は取扱いMVNOにより違う場合があります。

機種名 HUAWEI nova lite
画像 HUAWEI nova lite
OS Android? 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU HUAWEI Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4x1.7GHz)
ディスプレイ 5.2インチフルHD
メモリ RAM:3GB / ROM:16GB
カメラ 1200万画素/800万画素
特長 指紋認証

ライトユーザーに最適。19,800円と20,000円を切る価格でこの高性能。コストパフォーマンスは最強だと思います。

2017年2月に発売されたものですが機能としては全然、古くなく今でも十分使えるスマホです。

機種名 HUAWEI P10 lite
画像 HUAWEI P10 lite
OS Android? 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU オクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4 Kirin 658
ディスプレイ 5.2インチフルHD
メモリ RAM:3GB / ROM:32GB
カメラ 1200万画素/800万画素
特長 指紋認証

HUAWEI nova liteの上級機種です。10,000円ほど価格は高くなりますが、CPUが良くなり、ROMも倍の32GBになるのでアプリをたくさん利用できるようになりますので価値はあるでしょう。

外観も両面が2.5D曲面ガラスが採用されているので美しい流れのあるデザインになっています。

機種名 arrows 04
画像 arrows 04
OS Android 7.1
CPU クアッドコア 1.2GHz
ディスプレイ 5.0インチHD IPS液晶
メモリ RAM:2GB/ROM16GB
カメラ 1310万画素/500万画素
特長 ワンセグ/おサイフケータイ対応

富士通の格安スマホ。防水、防塵にワンセグ、おサイフケータイに対応しているのが特長。メードインジャパン製でワンセグ放送やおサイフケータイの機能が欲しい人向けにはおすすめ。

ただし、ワンセグやおサイフケータイをそれほど必要ない人にはHUAWEI製品の上記2機種の方がスペック的には優れているのでおすすめはしません。

ライトユーザーの方におすすめのMVNO(格安スマホの会社)

mineo(マイネオ)↓の公式サイトはこちら

mineo

BIGLOBEモバイル↓の公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル

楽天モバイル↓の公式サイトはこちら

楽天モバイル

IIJmio↓の公式サイトはこちら

IIJmio

DMMモバイル↓の公式サイトはこちら

DMMモバイル

UQ mobile↓の公式サイトはこちら

UQ mobile

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ通信容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問