どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

ソフトバンクのiPhoneユーザーが格安SIM(MVNO)に変えるならこの会社

朗報 iPhoneを使うソフトバンクのユーザーにうれしいニュース

昨今は格安スマホ、格安SIMが話題ですが、ソフトバンクのユーザーは通信回線の違いで、実質的にはなかなか格安SIMへの乗り換えのハードルが高かったのです。

というのも、ソフトバンクのiPhoneを格安SIMに換えるには、SIMロック解除というめんどくさい手続きをしなくてはいけなかったし、機種もiPhone6s以降と限られていました。

今年3月になってようやくデータ通信のみが格安SIMで利用できる(b-mobile、U-mobaile)ようになったのですが、音声通話SIMには対応していませんでした。

それがやっとこの8月から(2017年8月16日)b-mobaile(日本通信株式会社)で音声通話SIMでのサービスが利用できるようになりました。

つまり、普通に電話ができるスマホとして使えるようになったのです。

ソフトバンクユーザーには待ちに待ったサービスです。

今までドコモのユーザならSIMロック解除なしでSIMの差し替えだけで乗り換えることが出来たことが、ソフトバンクユーザーでも出来るようになったのです。

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 5、どれもSIMロック解除なしでも使えるようになりました。

もちろん、通信回線はソフトバンクのものが使われます。

使い慣れたソフトバンクのiPhoneを同じソフトバンクの通信回線で利用ができ、料金が安くなるというわけです。

これはソフトバンクユーザーなら喜ばしいことでしょう。

b-mobile公式サイト

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問