どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
動画もゲームもバリバリ使いたい人

格安スマホおすすめ【比較表あり】動画もゲームもバリバリ使いたい人

ゲームで遊ぶのは好きだし、YouTubeで面白い動画をたくさん見たい。そんなヘビーユーザーの方におすすめの格安スマホを紹介します。

ヘビーユーザーだけれどスマホの料金は安くしたい

せっかくスマホを使うのだから話題のスマホゲームも楽しみたいし、動画だって見たい。

ツイッターもやりたいし、LINEもしたい。

でも、毎月のスマホの料金ががたいへんかも。

そんな人も多いと思います。

ここは、やはり格安スマホでしょう。

iPhoneもいいけれど、最近のアンドロイドスマホはかなり性能が良くなってきました。

料金だって格安スマホなら携帯大手3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)の半分ぐらいに抑えることもできます。

ヘビーユーザーなら10GBはほしい

スマホの基本料金はデータ容量(GB=ギガバイト)で決まります。大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)だと1GB~13GBの幅で料金設定されていますが、ヘビーユーザーの方なら10GBぐらいはほしいと思います。下の表を見てください。

1ヶ月のデータ容量10GBでできること。※それぞれの操作のみを行なった場合を示しています。※ワイモバイルのデータより引用

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ20,900通 およそ34,900ページ/月 およそ45時間/月 およそ2,500曲/月

上の表によればデータ量が1ヶ月10GBあればこれだけのことができます。

計算上では動画だと1日に1時間30分見ることができるわけです。どうでしょう?ヘビーユーザーでもこの辺で十分ではないでしょうか?

格安スマホにはデータ量1ヶ月無制限というコースのプランを扱っているところもあります。

データ量を無制限に使ってよいというのは魅力なのですが、その代わり通信スピードが遅くなります。

通常LTEで最大150Mbpsのところ、無制限では最大3Mbps(例:ぷららモバイルLTE)とかなり遅くなります。

せっかくのLTEなら高速で楽しみたい。

遅いというのは使っていてストレスを感じるものですからおすすめできません。

10GBでの各社の料金比較

料金は各社共に音声機能付き通話SIMのものです。

DMMmobile 楽天モバイル マイネオA マイネオD IIJmio NifMo
2,890円 2,960円 3,130円 3.220円 3,260円 3,500円

※マイネオAはauの通信回線、マイネオDはNTTドコモの通信回線。

上の表は格安スマホ各社のデータ容量10GBの月額料金です。1ヶ月3,000円前後の費用ですね。

これに比べ、従来の携帯大手3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)ではどうでしょう。

ソフトバンクを例にとってみると、26歳以上、他社から乗り換えという条件で、機種がiPhone6s、、「通話し放題ライトプラン」、機種代込み、2年契約縛り、途中解約違約金有りで10GBの月額料金が9,850円です。(2016年3月20日現在)。

やはり、10,000円近くの料金になるわけです。

これを格安スマホにすれば、高額な50,000円前後の機種を選んでも24回払いで月額2,000円前後。

これに、格安スマホのデータ量料金3,000円前後を加えても5,000円強です。

こうして比べてみれば、携帯大手3社の半分近い金額に節約できることになります。

格安スマホが提案するセットのスマホ機種にすれば、もっと安くなります。

年間数万円の差が出るのでヘビーユーザーこそ格安スマホを選びたいものです。

DMMmobile(DMMモバイル)

さて、格安スマホの中で一番安いのはDMMmobile(DMMモバイル)。さすがですね、業界最安値を標榜していた会社ですから。

しかもデータ量がもっとほしいというなら他社にはない15GB、20GBというプランもあります。

DMMmobileもドコモの通信回線を利用しているので通信エリアも全国的にフォローされていますので安心ですし、実際のスピードも速いとの評判もあります。

もちろん各社ともに格安SIMのみの契約でもよいのですが、ここでおすすめのスマホを紹介しておくと、DMMmobileが扱っている機種に「AQUOS SH-M02」(39,800円 24回分割払い2,115円)があります。10GBのSIM(データ量料金)を加えても月額5,067円(内2円はユニバーサルサービス料)です。

この機種のおすすめポイントは防水機能とモバイルスイカなどに対応している「おサイフケータイ」が利用できるということがあります。

5インチフルHD液晶、メインカメラが1310万画素、インカメラ210万画素と十分です。液晶ディスプレイに定評のある国産シャープ製というところも魅力です。

もうひとつは「HUAWEI GR5」。こちらは34,800円(24回分割1,850円)。「AQUOS SH-M02」よりは少し安いです。

5.5インチフルHD液晶、メインカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素ですから自撮りもバッチリきれいに映せます。

それに加えて指紋認証付きですので他人には使われないというメリットがあります。LINEやメールなど勝手にのぞかれるという心配もありません。

ヘビーユーザーの人にはこの2つがDMMmobileでのおすすめスマホになります。

DMMmobileの↓公式サイトはこちら

DMMモバイル

楽天モバイル

2番目に価格が安いのが楽天モバイル。あの通販の楽天市場のグループ会社です。

楽天モバイルの特長はオプションで月額850円で国内に5分以内なら何回でも電話をかけることができる「5分かけ放題」というサービスでしょう。

他にも月々の支払で楽天ポイントが貯まり、楽天市場でも買い物をすれば通常の2倍のポイントが付くというメリットもあります。

普段、楽天市場でお買い物をしている人や楽天グループのサービスを利用している人にはお得でしょう。

その他、割引キャンペーンとかのキャンペーンも多いです。

楽天モバイルの扱っているスマホでは「AQUOS SH-M02」という機種がありますが、これはDMMmobileの「AQUOS SH-M02」と同じ機種と考えてよいでしょう。スペック等はおなじです。ただ、楽天専用とということで"SH-M02"に"SH-RM02"とRが付いているだけです。

他には「honor6 Plus」という機種があります。5.5インチの大画面、メインカメラ800万画素×2というダブルレンズで1,300万画素超えるレンズを搭載。一眼レフカメラのようにボカシが入った写真も撮れるという優れもの、インカメラも800万画素有るので自撮りもバッチリ。CPUはオクタコア1.8GHz/1/3GHz高性能なので3Dゲームなども問題なくできるのでゲームファンには喜ばれるでしょう。

ただ、価格は45,800円と少しお高いです。楽天カードを利用した24回分割払いなら月額2,061円で利用できます。

もうひとつ「Huawei P8lite」もおすすめです。5インチ、メインカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素、CPUもオクタコア1.2GHzと十分です。電池持ちが良いとの定評もあります。

価格が28,600円(24回分割1,267円)とリーズナブルです。

楽天モバイルの↓公式サイトはこちら

【楽天モバイル】     

マイネオ

マイネオはauの通信回線とドコモの通信回線の2つを扱っている格安スマホの会社です。

つまりauの端末を持っていればauの通信回線で、ドコモならばドコモの通信回線でというわけです。

auの通信回線はこのほかではUQ mobileぐらいしか現状ではありませんので、auの通信回線を使えるのはこの2社ということになります。

しかし、UQ mobileでは3GBのコースと低速の無制限コースしかありませんので、au回線で10GBを使いたいのならばマイネオしかないというわけです。

マイネオは関西電力の系列会社なので会社としての信頼性は高いです。

マイネオの弱点はセットとして扱っているスマホは種類が少なく、使えるのは国産の富士通製の「arrows M02」だけといってよいでしょう。

それでも、「arrows M02」はau、NTTドコモのどちらの通信回線でも使えます。スマホとしてもリーズナブル(32,400円、24回分割1,350円)な価格であり、5インチ有機ELディスプレイ、防水・防塵機能搭載、おサイフケータイにも対応してで及第点の取れる端末です。

特に機種の希望がなければこの「arrows M02」で問題ないと思います。

auなら機種代込みで4,480円、NTTドコモの通信回線なら4,570円で使えるわけです。

また、先に書いたようにauやNTTドコモのスマホを持っていれば、そのスマホをそのまま使うことができますし、新たにSIMフリーのスマホを購入してもよいです。

マイネオのSいいところは、その月に使わなかったデータ容量を翌月に繰り越せるということです。

例えば10GBのSIMなのに今月は7GBしか使わなかったら、翌月に余った3GBを繰り越して足すことができるのです。

つまり、翌月は13GB使えることになるのです。つまり無駄がなくなります。

また、「パケットシェア」で家族の繰り越し分も使うことができます。

この辺は魅力的な仕組みだと思います。

マイネオの↓公式サイトはこちら

mineo

IIJmio

IIJmioはMVNOの中でも信頼性が高い会社として人気があります。

IIJmioも格安SIM単品の契約を選ぶ方が多いようで現在、利用者100万回線を突破しています。

特にiPhoneとの相性がよいうようで、SIMフリーiPhoneやNTTドコモで使っていたiPhoneからの乗り換え組が多いとも聞いています。

IIJmioの↓公式サイトはこちら

IIJmio

NifMo

ここでは最下位の価格(3,500円と1位とは500円近くの差がついてしまいました。)になりますが、NifMoはインターネットサービスのニフティの格安スマホです。

NifMoの特長としてはオプションの「NifMoでんわ」で月額1,300円で国内電話かけ放題という通話定額サービスです。

これは通話を多用する人には便利だと思われます。ただし通話システムは楽天モバイルの「5分かけ放題」と違ってインターネットを利用したIP電話なので緊急電話やフリーダイヤルには発信できません。

NifMoはプロバイダーとしてニフティの光など他のサービスを契約宇している人にはメリットがあるかもしれません。

NifMo↓の公式サイトはこちら

NifMo

まとめ

まとめとしては料金が安い上位3社、からの選択となるでしょうか。

あくまで料金が一番安いDMMmobileを選ぶか、楽天市場などのポイントサービスのメリットがある楽天モバイルを選ぶか、au、NTTドコモどちらの通信回線も選べるマイネオにするか。

絶対、料金にこだわるというならDMMmobileでしょう。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問