どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

格安スマホの電話かけ放題プラン比較

格安スマホの電話かけ放題プラン比較

格安スマホはキャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)と比較して基本料金は安いのはいいのだけれど、電話かけ放題がないのが困るという人も多いようです。

たしかに、格安スマホの初期の頃はキャリアのように「かけ放題」がないのがデメリットと言われました。いくら基本料金が安くても30秒/20円の通話料金は、仕事などに電話を利用する人にはネックでした。

基本料金がどんなに安くてもつい電話をかけまくり、気がついたら通話料が高額になってしまった。これでは何のための格安スマホかと思われるでしょう。

しかし、やっと最近になり、格安スマホでも国内通話定額料金制のシステムが導入されるようになり、キャリアの「かけ放題」と同じようなサービスが提供されるようになりました。

ここではMVNO(格安スマホ)各社の国内通話かけ放題サービスを比較して紹介します。

■MVNO(格安スマホ)国内通話かけ放題オプション各社比較

BIGLOBEモバイル nuroモバイル NiFmo IIJmio mineo(マイネオ) DMMモバイル LINEモバイル
3分以内650円 5分以内830円 10分以内830円 10分以内830円 10分以内850円 10分以内850円 10分以内880円

一番時間が短いのはBIGLOBEモバイルの3分以内で月額料金が650円。まあ、おしゃべりを楽しむ会話でなければ3分以内に収まるのでいいかもしれません。

もう少し余裕を持ちたいなら5分ですか。

nuroモバイル。しかし5分が830円だと他社と比べると高いようです。

10分以内がNiFmo他3社。NiFmoが他より20円安いです。

10分以内なら十分すぎるほどの余裕があるので会話が楽しめる電話がかけられるでしょう。

※ IIJmioで別プランに3分以内600円というオプションも有り。

国内通話制限時間内かけ放題

1回3分~10分以内かけ放題というプランの他に1ヶ月に制限時間内ならかけ放題というオプションを採用している会社もあります。

このプランだと1回、1回は何分でも構いませんが1ヶ月合計で時間内に収まればよいわけです。

mineo(マイネオ)が1ヶ月30分以内/840円、60分以内1,680円円。

BIGLOBEモバイルが1ヶ月60分以内/650円。

と、2社が対応しています。

定額通話サービスプラン各社の詳細

nuroモバイルの格安SIMプランを詳しく

NiFmoの格安SIMプランを詳しく

IIJmioの格安SIMプランを詳しく

mineo(マイネオ)の格安SIMプランを詳しく

DMMモバイルの格安SIMプランを詳しく

LINEモバイル

BIGLOBEモバイルの格安SIMプランを詳しく

データ通信容量と定額通話料金がセットになっているプラン

楽天モバイル、UQmobile、Y'mobileの3社はデータ通信容量と国内通話かけ放題がセットになっているプランを主力プランとして推し進めています。

他社は定額料金国内通話かけ放題はオプションとしてユーザーの選択肢になっているのですが上記3社はセットプランでお得感を出しています。

ただ、1年縛り、2年縛りとか、徐々に料金が変わっていったりとか、内容が複雑になっており、分かりにくい設定なのが難点です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルでは5分以内かけ放題とデータ通信容量とセットになっています。

契約の高速データ通信容量を使い切っても1Mbpsという準高速通信が使い放題というプランです。

1MbpsでもインターネットやSNSなどを利用するにはストレスはないと思うのである意味無制限プランとも言えましょう。

スーパーホーダイ

2年目以降各プラン共に月額料金がプラス1,000円になるということがみそでしょう。

このプランは2017年より始まったのですが、おおむね評判が良いようです。

1MbpsでもYouTube(ユーチューブ)の動画も高画質でなければ問題なく見ることはできます。

ただ、今後ユーザーが増えて通信回線が混んできたらどうなのかということが心配ではあります。

楽天モバイルの格安SIMプランを詳しく

UQmobileの国内通話定額プラン

uqmobile

おしゃべりプラン

プランS
1,980円
プランM
2,980円
プランL
4,980円
データ容量2GB
5分以内かけ放題
データ容量6GB
5分以内かけ放題
データ容量14GB
5分以内かけ放題

ぴったりプラン

プランS
1,980円
プランM
2,980円
プランL
4,980円
データ容量2GB
60分以内国内通話
データ容量6GB
120分以内国内通話
データ容量14GB
180分以内国内通話

UQmobileはキャリアのauの系列会社であり、auの通信回線を使用しています。

このUQmobileには「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」という国内通話定額プランがあります。

これはデータ容量とセットになっていて、2GB、6GB、14GBのデータ容量に別れ、「おしゃべりプラン」は国内通話5分以内何度でもかけ放題、「ぴったりプラン」は60分以内、120分以内、180分以内とそれぞれセットされています。

料金は2つのプランは同じ設定です。

5分という時間内で何度でもかけた方がよいのか、最大時間が決められて時間内を通話するのがよいのかはユーザーの使い方しだいということでしょう。

ただし、このプランは少し複雑になっていて月額料金が14ヶ月以降はプラス1,000円が加算されます。

データ容量も26ヶ月移行は半分になり、「ぴったりプラン」の最大通話時間も半分になります。

これは、わかりにくい料金設定で一瞬で見ると安いのかと思いますが、後から高くなるもどうかなあという気がします。

人気女優3人を使用したテレビコマーシャルは好評のようですが、このプランの設定はどうなんでしょう。

まあ、2年間限定で使い切りといった利用の仕方ならよいかもしれません。

UQmobileの格安SIMプランを詳しく

Y!mobile(ワイモバイル)

y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)は携帯キャリアのソフトバンクの系列です。大雑把に言ってしまうとUQmobileがauの格安スマホの会社であり、このY!mobile(ワイモバイル)がソフトバンクの格安会社であると言えるわけです。当然、通信回線もソフトバンクと同等と考えられます。

Y!mobile(ワイモバイル)の通話サービスは1回あたり10分まで月300回以内なら国内通話分がプランの料金に含まれているということです。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

※音声機能付き通話SIMの料金です。

スマホプラン

楽天モバイルやUQモバイルと似たようなプランですがデータ通信容量が2年目以降各プラン共に半分になります。

ただし、国内通話かけ放題は楽天モバイルやUQモバイルより時間が長く10分以内です。

Y!mobileはご存知の通りテレビコマーシャルをガンガン流し、実店舗もどんどん増やしているのでユーザーは爆発的に増えています。

ただ、その分Y!mobileの通信回線は混みあっており通信速度は追いつくのかという不安もあります。

Y!mobile(ワイモバイル)の格安SIMプランを詳しく

高評価MVNO(モバイル通信事業者)8社のプラン、月額料金、特長端末などを一覧表にして掲載。↓
おすすめ・人気の格安SIM・格安スマホの最安値を比較

まとめ

当初は格安スマホでは「かけ放題」的なサービスは全然ありませんでしたので、もうひとつキャリアから乗り換えと言うのが進みませんでした。

しかし、現在では新規参入業者も一段と増えてきて定額通話サービスもキャリアに負けないようになってきました。

むしろキャリアより安くなってきたと言えるでしょう。

通信速度などは依然と不安を感じるユーザーもいるでしょうけれど2年以上格安スマホを利用している筆者としては通信速度が遅いという実感はありません。

カタログ上では通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などとなっていますが、キャリアも含めて実行速度はそんなに出ているわけはなく、実行速度も各社の調査ほどの実感はないです。

実際、今2社の格安スマホを利用しているのですが、通信速度で不便を感じたことはありません。

これからも、通話サービス、通信回線の品質、付加価値の追加、料金と競争が激しくなればなるほど改善されていくでしょう。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問