どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホの電話かけ放題プラン比較

格安スマホの電話かけ放題プラン比較

格安スマホはキャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)と比較して基本料金は安いのはいいのだけれど、電話かけ放題がないのが困るという人も多いようです。

たしかに、格安スマホの初期の頃はキャリアのように「かけ放題」がないのがデメリットと言われました。いくら基本料金が安くても30秒/20円の通話料金は、仕事などに電話を利用する人にはネックでした。

基本料金がどんなに安くてもつい電話をかけまくり、気がついたら通話料が高額になってしまった。これでは何のための格安スマホかと思われるでしょう。

こんな問題をカバーするために、最近ではいくつかの格安スマホの会社がキャリアの「かけ放題」に匹敵するようなサービスを導入しています。

ここでは通話料金が定額の格安スマホの会社や安い料金でかけられる格安スマホのサービスを紹介します。

UQmobileは国内での通話が1ヶ月最大60分(2,400円分)無料

uqmobile

UQmobileはキャリアのauの系列会社であり、auの通信回線を使用しています。このUQmobileには「ぴったりプラン」と言うコースがあり、これはデータ容量1GB、セキュリティアプリなど人気アプリ10個、国内無料通話1,200円分、指定のスマホ本体(arrows M02、KC-01の2機種から選ぶ。)が込みで2,980円というお得なプランです。(ただし、au及びau系列以外の他社からの乗り換えに限ります。)

つまり、NTTドコモとソフトバンクからの乗り換え、または新規契約の人に限られてしまうのですが、間違いなくおすすめできます。

しかも現在はこのプランがデータ容量、国内通話料が倍になり、それぞれ1GBが2GBに、国内無料通話分30分が60分という大盤振る舞いのプランになっています。

そして、月額料金も2,980円が1,000円引きの1,980円に割引されています。

1GBでは足りないという方にはあと1,000円プラスでして3GBで国内無料通話2,400円分というプランもあります。(このプランも現在では倍の6GB、4,800円分になっています。)

UQmobileのすごいところは、このプランにスマホ本体が無料で付いてくるというところでしょう。

ぴったりプラン

月額料金 データ容量> 無料通話
2,980円→1,980円 1GB→2GB 30分→60分
   

たっぷりプランプラン

月額料金 データ容量> 無料通話
3,980円→2,980円 3GB→6GB 60分→120分

UQmobileの↓公式サイトはこちら

UQ mobile

※データ容量、国内通話料は課金開始月から起算して26ヶ月目以降はそれぞれデータ量1GB、コク通話無料分30分となります。

※月額料金は利用開始月から13ヶ月間通常料金の1,000円引きの料金です。14ヶ月目から通常の料金に戻ります。

楽天モバイルの「5分かけ放題」

rakuten

楽天モバイルにはオプションですが月額850円「5分かけ放題」というサービスがあります。5分以内なら何回でもかけてよいというサービスです。5分を超えても30秒/10円という通常の半額で通話を続けることができます。

5分というのは短いようですが意外と長く、おしゃべりに夢中になって余計な話をダラダラとしなければ、5分以内ですんでしまうものです。

楽天モバイルの料金プラン

※音声機能付き通話SIMの料金です。

ベーシックプラン 3.1GB 5GB 10GB
1,250円 1,600円 2,150円 2,960円
   

上の表の基本料金+オプションの5分かけ放題で850円というわけです。

楽天モバイルは言わずと知れた楽天市場の系列会社です。そのため毎月の支払で楽天ポイントが付くし、楽天市場で買い物をするとポイントが他の人に比べて2倍になるというというメリットがありますので楽天グループを利用している人には特におすすめです。

楽天モバイルの↓公式サイトはこちら

【楽天モバイル】     

Y!mobile(ワイモバイル)

y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)は携帯キャリアのソフトバンクの系列です。大雑把に言ってしまうとUQmobileがauの格安スマホの会社であり、このY!mobile(ワイモバイル)がソフトバンクの格安会社であると言えるわけです。当然、通信回線もソフトバンクと同等と考えられます。

Y!mobile(ワイモバイル)の通話サービスは1回あたり10分まで月300回以内なら国内通話分がプランの料金に含まれているということです。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

※音声機能付き通話SIMの料金です。

1GB 3GB 7GB
2,980円 3,980円 5,980円

上の表がY!mobile(ワイモバイル)の通話SIMの料金表です。これに通話サービスが付くわけです。さらにオプションで「スーパー誰とでも定額」があり、月額1,000円で国内電話無制限かけ放題というサービスがあります。

Y!mobile(ワイモバイル)のテレビコマーシャルの評判がよく加入者もかなり増えているようです。

Y!mobile(ワイモバイル)↓の公式サイトはこちら

Y!mobile

BIGLOBE SIM

biglobe

BIGLOBE SIMには「BIGLOBEでんわ」という国内通話60分が650円という通話パックがあります。さらに60分を超えても通常の半額30秒/10円で通話ができます。この通話パックはオプションになっています。

BIGLOBE SIMの料金プラン

※音声機能付き通話SIMの料金です。

1GB 3GB 6GB 12GB
1,400円 1,600円 2,150円 3,400円

上の表の各プランにプラス650円で60分通話ができるわけです。

BIGLOBE SIMで6GBと12GBで家族とシェアすることができます。家族で利用するのにもよいでしょう。

また、6GB、12GBにはコンビニ、カフェ、空港、主要の駅など全国80,000か所のWiFiスポットを無料で利用できます。

さらにインターネットの接続プロバイダーとしてBIGLOBEに加入中の方なら会員割引で各プランから200円引きの料金で利用することができます。会員の方にはかなりお得のサービスになるはずです。

BIGLOBE SIMの↓公式サイトはこちら

BIGLOBE SIM

まとめ

当初は格安スマホでは「かけ放題」的なサービスは全然ありませんでしたので、もうひとつキャリアから乗り換えと言うのが進みませんでした。

しかし、次々と新規でMVNO(仮想移動体通信事業者)が新規参入してきたので、各社が差別化を考えなくなり、そのひとつとして通話サービスが増えてきました。

多分、今後もここに上げた4社以外にも「かけ放題」的なサービスを導入してくると思われます。

通話サービス、通信回線の品質、付加価値の追加、料金と競争が激しくなればなるほど改善されていくと思いますので期待したいと思います。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問