どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

家族みんなで使うファミリー層に向いた格安スマホのプラン

今はケータイ、スマホは家族全員が持つ時代になっているようです。特にスマホはいろいろと便利なアプリもあるので利用したいのですがその料金が家計には負担になります。NTTドコモなどキャリアのスマホだと一人7,000円~8,000円かかりますので家族で使えば数万円になりちょっと辛いですよね。

だからこその格安スマホ。キャリアの半額近い費用ですますこともできます。ただ、残念ながら家族でシェアするプランというのは格安スマホでは少ないです。

それでも使えそうな格安スマホのプランをいくつか紹介したいと思います。

スマホ各社のファミリープランを比較してみましょう。

まずはMVNOスマホ各社のプランと料金を比較してみましょう。

料金は各社共に音声機能付き通話SIMのものです。

DMMmobileの家族向けシェアプラン

  8GB 10GB 15GB 20GB
SIMカード2枚 3,380円 3,590円 5,000円 5,700円
SIMカード3枚 4,080円 3,590円 5,700円 7,380円

上の表はDMMmobileのシェアプランの料金表です。DMMmobileでは最大3枚までのSIMカードを使うことができます。つまり、家族3人までということです。3人以上だと別個に単独の契約をプラスしなければいけません。

DMMmobileは業界最安値を標榜していた会社で常に料金の安さを追求しているので格安スマホの会社としてはおすすめできます。

また、その月に余ったデータ量は翌月に繰り越してくれるので無駄がないのもうれしいところです。

DMMmobileの↓公式サイトはこちら

DMMモバイル     

マイネオ(mineo)の家族割・パケットギフト

aプラン(auの通信回線)

500MB 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円 4,590円 6,510円

Dプラン(ドコモの通信回線)

500MB 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円 4,680円 6,600円

マイネオでは家族割で申し込むと家族個々の月額基本料金が50円割引になります。

さらにマイネオでは、データ通信容量が余った場合は翌月に繰り越せるのですが、あらかじめかぞくパケットシェアに登録しておけば他の家族にも余ったデータ通信容量を分けてあげることができます。

パケットシェアは家族5人まで登録でき、例えば父、母、子供3人で各3GBの契約をしており、母のデータ通信量がその月に1GB余ったとすると、その1GBを他の家族(父と子)に分けてあげられるということです。

mineoでは使い切れなかったデータ通信容量は翌月に繰り越して使うことができるのでこういうシステムがあるのです。

マイネオ(mineo)の↓公式サイトはこちら

mineo

IIJmioのシェアプラン

IIJmioのファミリーシェアプランは10GBをシェアする形になります。

10GBの基本料金が2,560円です。少し複雑になるのですが、通話機能付きSIMカード3枚までが1枚700円。4枚以上からSIMカード1枚が400円。

例えば家族4人で利用したとすると基本料金2,560円+SIMカード700円が3枚、もう一人分SIMカード400円が1枚で合計5,760円になります。

5,760円を4人で割るとひとり1,440円でスマホが使えるというわけです。SIMカードは10枚まで使えます。

SIMカードは音声通話機能付きの他にデータ通信専用のSIMも使えるのでタブレット用のSIMの追加ということもできます。

あと、IIJmioには「みおふぉんダイアル」というアプリがあり、通話料が30秒/10円で通常の半額の料金で通話できます。

IIJmioの↓公式サイトはこちら

IIJmio

BIGLOBE SIMファミリー向けシェアプラン

BIGLOBE SIMでは6GBと12GBがシェアプランとして設定されています。音声通話機能付き6GBが基本料金2,150円、12GBが3,400円。これにIIJmioと同じく追加SIMの料金が加わります。

6GBで追加SIMが2枚まで。12GBで4枚まで追加できます。追加SIMは1枚900円ですので12GBを家族4人で利用すると基本料金3,400円+SIMカード1枚900円が3人分で2,700円、基本料金との合計で6,100円なのでひとり1,525円になります。

IIJmioのひとり1,440円より、高くなりますがIIJmioはデータ容量が10GB、BIGLOBE SIMは12GBとデータ容量が多いです。料金が安い方を選ぶか、データ容量が多いほうを選ぶかですね。

BIGLOBE SIMの↓公式サイトはこちら

BIGLOBE SIM
高評価MVNO(モバイル通信事業者)8社のプラン、月額料金、特長端末などを一覧表にして掲載。↓
おすすめ・人気の格安SIM・格安スマホの最安値を比較

データ容量の目安

参考までに各データ容量でできることの目安を掲載します。

1GBのデータ量でできること

※それぞれの操作のみを行なった場合を示しています。※ソフトバンクのデータより引用

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ2090通/月 およそ3,490ページ/月 およそ4時間30分/月 およそ250曲/月

3GBのデータ量でできること

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ6,270通/月 およそ10,470ページ/月 およそ13.5時間/月 およそ750曲/月

5GBのデータ量でできること

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ10,450通/月 およそ17,450ページ/月 およそ22時間30分/月 およそ1,250曲/月

8GBのデータ量でできること

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ16,720通/月 およそ27,920ページ/月 およそ36時間/月 およそ2,000曲/月

10GBのデータ量でできること

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ20,900通/月 およそ34,900ページ/月 およそ45時間/月 およそ2,500曲/月

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問