どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

格安スマホを使いたい。せっかく料金が安くなるのだからSIM(データ容量)のGBプランもそれほどケチらずに余裕のあるプランにしたい。

データ容量を減るのを恐れてビクビクしながらスマホを使うのもいやだし、普通にインターネットの情報を見たいし、ゲームも空き時間に楽しみたいし、動画もたまには見たい。

そんな標準的なスマホの使い方をしたい人がデータ容量は何GBのプランを選んだらよいのか?どの格安スマホを選んだらよいのか?。

ここでは、そんな方のための格安スマホの情報を紹介します。

2GB以下がスマホを使う人の平均的なデータ容量らしいので、ちょっと余裕で3GBでどうでしょう

一般的にスマホ利用者の使用データ量の平均が2GB以下だそうです。そこで余裕を持って1GB増やし3GBだとどのぐらいのことができるのでしょう。

スマホの基本料金はデータ容量(GB=ギガバイト)で決まります。大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)だと1GB~13GBの幅で料金設定されていますが、スマホを標準的な使い方をするユーザーの方なら3GBぐらいで十分だと思います。下の表を見てください。

3GBならこれだけできる

1ヶ月のデータ容量3GBでできること。※それぞれの操作のみを行なった場合を示しています。※ワイモバイルのデータより引用

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
約6,270通/月 約10,470ページ/月 約13.5時間/月 約750曲/月

どうでしょう?メールを1ヶ月で6,270通も送受信することはないだろうし、インターネットも10,470ページも見ることはないと思うでしょう。

まあ、しいていえば動画かな?13.5時間、1日平均にすると約27分。

でも、毎日動画を見ていることも考えられないし。話題になっている動画を見るくらいかな。

と、こんな感じで、動画をヘビーに見すぎなければ、この3GBで十分ではないでしょうか?

次に格安スマホ各社の3GBのプランの料金を見てみましょう。

3GBのコース各社の料金比較

料金は各社共に音声機能付き通話SIMのものです。

DMMmobile マイネオA U-mobile マイネオD IIJmio BIGLOBE SIM UQmobile ワイモバイル
1,500円 1,510円 1,580円 1,600円 1,600円 1,600円 1,680円 3,980円

このデータ量3GBのプランの料金は各社拮抗しております。

やはり、利用者が一番多いプランになるからだと思われます。

評判の良い格安SIM・格安スマホの会社一覧表

DMMmobile

DMMmobile

ここで一番安いのはDMMmobileです。業界最安値水準を標榜し、料金の安さにこだわっている会社です。

データ容量のプランも1GBから20GBまでと幅広くカバーしています。さらに家族でデータ容量を分け合えるように8GB以上からシェアプランのコースもあります。

もちろんSIMカードのみの契約もできますが、新しくスマホ本体(端末)も購入したい人のためにセットになる端末も扱っています。

DMMmobileで扱っている機種の中では、人気どころのASUS ZenFone Go、arrows M02、HUAWEI GR5がおすすめです。

ASUS ZenFone Goはとにかく安いです。5.5インチ液晶にメインカメラ800万画素、インカメラ500万画素とスペックは問題なく、それで24回分割で1,053円、一括なら19,800円と20,000円を切る価格です。arrows M02はSIMフリースマホの定番で安定した人気がある使いやすいスマホです。HUAWEI GR5はこの3機種の中で一番高いですが1670万色の鮮やかな5.5インチフルHD液晶、メインカメラ1300万画素、インカメラ500万画素の多機能カメラを搭載、そして便利な指紋認証が付いています。この3機種の中からお気に入りのスマホを選べば万全でしょう。

DMMmobileの↓公式サイトはこちら

DMMモバイル 

マイネオ(mineo)

              

2位、4位のマイネオ(mineo)は通信回線が2つあります。Aがauの通信回線、DがNTTドコモの通信回線です。今までauやドコモを利用していたのなら、そのまま手持ちのスマホを格安SIMで使うこともできます。

auの通信回線であるAプランの方がドコモの通信回線であるDプランより90円安い価格設定になっているので2位と4位に分かれてしまっています。

マイネオ(mineo)では500MBから10GBまで5段階のプランがあり、その月に使いきれず余ったデータ量を翌月に他の家族にシェアできる「パケットシェア」という仕組みがあるのが特長です。データ量を無駄なく使うことができるのです。

マイネオ(mineo)のセットになるスマホ本体(端末)の機種の取扱いは少なく、実質的に使えるとおすすめできるのはDMMmobileでも扱っているarrows M02ぐらいです。それでもarrows M02は人気機種なのでセットで選ぶスマホとして問題なくおすすめできます。

マイネオ(mineo)の↓公式サイトはこちら

mineo

U-mobile

u-mobile

3位のU-mobileは有線放送の会社であるUSENの系列会社です。そのため月額2,980円で音楽きき放題の「USEN MUSIC SIM(2,980円)」などのプランもあります。

U-mobileの特長としては「LTE使い放題」プランがあることでしょう。これは2,980円と2,730円の2つのコースがあります。U-mobileを選ぶ人はこの「LTE使い放題」のプランに魅力を感じて契約する人が多いです。ただし、使い放題と言っても3日間で2.4GBという制限があります。これを超えると翌日から0~200kbpsの遅い速度に制限されることになります。

U-mobileの↓公式サイトはこちら

U-mobile

IIJmio

iijmio

5位がIIJmioです。IIJmioはスマホ初心者というより、SIMなどに精通している人に人気があり注目されています。

同じMVNOの中でも通信品質が良いともいわれ、iPhoneの格安SIMに利用している人も多いです。それはiOSのバージョンアップ時などにすぐにIIJmioの通信回線が対応しているか検証して、ユーザーに報告してくれることなどからです。

IIJmioもSIMとセットでスマホ本体(端末)も6機種ほど扱っていますが、当初はSIMのみの扱いしかしておらず、基本的にはスマホ本体(端末)にはそれほど力を入れていないような気がします。それでもAUUS ZenFoneなど人気どころの機種は押さえています。

IIJmioのサービスには余ったデータ量を翌月に繰り越すことができたり、家族でシェアするプランなど豊富なプランがあります。この家族でシェアする「ファミリーシェアプラン3,260円」は10GBで最大10枚までSIMカードを利用できるというものです。家族3~4人で使えば料金的お得になると思います。

また、「miofone」というアプリがあり、このアプリを利用すると電話の通話料金が30秒/10円となり、通常の半額で通話できることになります。

IIJmioの↓公式サイトはこちら

IIJmio

BIGLOBE SIM

biglobe

6位のBIGLOBE SIMはインターネット接続プロバイダーであるBIGLOBEが運営しています。プロバイダーでは上位のシェアがあるBIGLOBEなのでご存知の方も多いのではないかと思われます。

すでにBIGLOBEの接続サービスを利用している会員の方ならBIGLOBE SIMでの割引があり、この3GBのプランでも1,600円が1,400円になるのでお得です。BIGLOBEの会員の方にはおすすめです。

BIGLOBE SIMの↓公式サイトはこちら

BIGLOBE SIM

UQmobile

uqmobile

UQmobileは他社に比べて少しだけ高いです。1位のDMMmobile1,500円に対し、1,680円と180円高いことになります。

でもUQmobileの最大の特長は通信速度が速いということです。UQmobileの通信回線はauの回線を使用しています。そして現状ではMVNOの格安スマホの中では一番速いという口コミもあり評判も良いです。

インターネットや動画を見る時に通信速度が遅いということはストレスになります。サクサクと表示してほしいものです。ストレスなくスマホを利用できるならば180円ぐらい高くてもいいとUQmobileを選ぶ人も多いようです。でも、あくまで費用、料金が安い方がいいというなら他社を選ぶべきかもしれません。。

ただし、通信回線の速度というのは常時同じではありません。利用者が多くなればなるほど速度は遅くなります。UQmobileでも加入者がどんどん増えればスピードが遅くなることもかんがえられます。もちろん補強もするはずですが。このことは他社でも同じことが言えます。今の速さが保証されるわけではありません。

あと、UQmobileにはスマホ本体の代金込みで1GB、セキュリティアプリなどアプリ10個無料、国内通話料1,200円分が無料という「ぴったりプラン」が2,980円というコースがあります。

これに1,000円の「たっぷりオプション」というのを加えれば3GBのデータ容量に増え、無料通話も2倍の2,400円分になります。。これは魅力的です。3,980円でスマホ代込み、2,400円分(最大60分)の通話料込みなのですから。

電話をかけることも多い人にはかなりお得になるのでおすすめです。

UQmobileの↓公式サイトはこちら

UQ mobile

ワイモバイル(Y!mobile)

y!mobile

この表では最下位になってしまっているワイモバイル(Y!mobile)、たしかに3,980円は飛びぬけて高いです。

しかし、この料金の中には1回10分以内月に300回まで無料で国内電話がかけられるというサービスが含まれています。営業の仕事をしている会社員の方などは電話をかける機会が多いでしょうから向いているプランかと思われます。

ただ、そういう仕事などで電話をする機会の少ない人にはこのワイモバイル(Y!mobile)は高すぎるかもしれません。さすがに仕事先などにLINEなどの無料電話を利用することはできませんが、家族や友達ならLINEの無料通話を使えば電話代がかかりませんから。

ワイモバイル(Y!mobile)を考える時は、この電話代と料金んぽバランスが自分に適しているかで判断するべきだと思います。

Y!mobile(ワイモバイル)↓の公式サイトはこちら

Y!mobile

楽天モバイル

rakuten

上の表にはない番外で楽天モバイルがあります。なぜ番外かというと楽天モバイルは3GBではなく3.1GBと変則的なデータ量だからです。他社より0.1GB多いのです。

この辺は楽天の商売的な計算なのかはどうかわかりませんが、とにかく3GBジャストではないということで表には掲載しませんでした。

楽天と言えば楽天市場、楽天銀行、プロ野球の楽天など多岐にわたって展開している企業ですが、この格安スマホの業界にも進出してきました。

この楽天モバイルのメリットしては毎月支払う料金が楽天ポイントになるということと、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるということで、普段、通販に楽天市場を利用している人にはお得かもしれません。

また、随時、機種代の割引などなんらかのキャンペーンが行われることが多いです。

最近、始まったオプションで月額850円を支払えば5分以内の国内通話が何度でもかけ放題というのが有ります。これはワイモバイルと違って最初から料金に含まれているのではなく、オプションですから電話の利用度を自分で考えれば得かどうかわかるでしょう。

その他には「楽天でんわ」という通話料半額30秒/10円というアプリも利用できます。

この楽天モバイルの3.1GBの利用料金は1,600円です。

楽天モバイルの↓公式サイトはこちら

【楽天モバイル】     

まとめ

格安スマホを選ぶ時、キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)と比較すると料金が半分近くになるけれど、安すぎて大丈夫なのかという不安もある人もいるでしょう。

基本的にはキャリアと比べて遜色ないと言えると思います。何しろ格安スマホで使っている通信回線はキャリアの通信回線を借用しているのですから。

キャリアの通信回線を借りているだけですからメンテナンスも必要ありません。キャリアのように全国に店舗を出店しているわけでもありません。

ほとんどがインターネットでの注文を受けているので経費も少なくてすみます。

だから料金が安いのです。でも通信回線はキャリアのものを使っているので品質は落ちません。

しかも、格安スマホの事業者は、他の分野での大企業の系列会社または子会社です。ですから、バックボーン的なことも大丈夫です。

だから安心して格安スマホを利用してください。

各社1,500円から1,680円まで(ワイモバイルは除外して)、それほどの価格の差はありません。

単純に一番安いDMMmobileを選ぶのか、auの通信回線を使いたいからマイネオを選ぶのか、速さを優先してUQmobileにするのか、楽天市場をよく利用するのでポイントが貯まる楽天モバイルにするのか、あなたの生活スタイルに合った格安スマホを選んでください。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問