どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

格安スマホ【比較表あり】普段、スマホをそんなに使わない人におすすめなのは

スマホはLINEやメール、たまにインターネットを使うぐらい。人からかかってくる電話やメール、LINEくらいしか利用していない。インターネットもそんなに使わない。そんなライトユーザーにおすすめの格安スマホを紹介します。

スマホはそんなに使わないけれどなくては困るという程度の方

ほとんど家族や友人との連絡用にLINEやメールぐらいしか普段スマホを利用していない。

電話もそんなにかけない、もちろんスマホゲームもしないし、動画なんかもあまり見ない。

そういう人は多いと思います。なのに毎月の携帯料金は6,000円~7,000円を支払っている。

大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)を利用していれば当然、そのぐらいの携帯代金はかかりますよね。もったいないですね。

スマホ代を節約したいと考えている人。

そんな人こそ格安スマホ。格安スマホに乗り換えましょう。

格安スマホなら毎月2~3,000円の料金で利用できます。

ライトユーザーの方におすすめの格安スマホ

スマホの基本料金はデータ容量(GB=ギガバイト)で決まります。大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)だと1GB~13GBの幅で料金設定されていますが、ライトユーザーの方なら1GBぐらいで十分だと思います。下の表を見てください。

1ヶ月のデータ容量1GBでできること。※それぞれの操作のみを行なった場合を示しています。※ワイモバイルのデータより引用

メールの送受信 インターネットの閲覧 動画の視聴 音楽のダウンロード
およそ2090通/月 およそ3,490ページ/月 およそ4時間30分/月 およそ250曲/月

どうでしょう?1GBあれば上記のことができるのでライトユーザーの方なら十分ではないでしょうか。

基本として1GBのプランを選択して、利用してみて足りないというなら、あとからもっと容量の多いコースに変更という手もあります。

評判の良い格安SIM・格安スマホの会社一覧表

1GBでの各社の料金比較

料金は各社共に音声機能付き通話SIMのものです。

フリーテル DMMmobile BIGLOBE SIM マイネオau マイネオドコモ UQ mobile Y!mobile
1,199円 1,260円 1,400円 1,410円 1,500円 2,980円 2,980円

おすすめは DMMmobile、UQ mobile、Y!mobaile

上の表を見るとわかるように1GBではフリーテルが最安値です。

ただ、フリーテルの特長として月額料金が従量制になっていることです。

例えば表では1GBの価格を掲載していますが、フリーテルにはこの下に100MBという料金設定があり、その100MBまでしか使わなければ月額999円ですむということになります。

つまり、使わなければ基本料金が安くなります。反対にデータ量を使いすぎると料金がどんどん加算されてしまいます。

うっかり使いすぎて高額な料金になってしまう心配もあるわけです。

他社は最初にデータ量のプランを決め、そのデータ量を超えると制限される(制限とは通信速度が高速通信から低速通信(200kbps)になるということで使えなくなるわけではありません。電話はもちろん、メールやLINEなど多少、表示が遅くなりますが問題ありません。)とういう方式で月額料金が減ることも増えることもありません。

つまり、気がつかないうちに月額料金が加算され高額な料金になってしまうという心配がなく利用できるわけです。

この辺をどう考えるかということになるでしょう。日々、使ったデータ容量を頭に入れておいて料金が嵩まないよう注意して使うことは面倒なような気がしますが。

あと、フリーテルが扱っているスマホ本体(端末)は同社のオリジナル品だということです。

他社のようにメーカーのブランド品ではありません。

一般に流通しているメーカー製の安心を選ぶか、独自のオリジナル品を選ぶか。

ちょっと考えるところですね。

もちろん各社ともに、スマホは自分で用意して、格安SIM単体で契約することはできます。

2番目に安いDMMmobileは格安スマホ業界最安値を標榜しているのですが、何故かこの1GBだけはフリーテルに少しだけ負けているのです。

他の3GBや5GBなどのデータ量では最安値なのに。

まあ、2番目といってもわずか61円差ですが。

DMMmobileが扱っていスマホ本体(端末)は「ASUS ZenFone 2 Laser」24,800円(24回分割1,318円)、これ安いです。

ASUS ZenFone 2 Laser

メインカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素のカメラ機能ですから美しい写メも撮れます。5インチディスプレイ。コストパフォーマンスに優れたスマホです。

データ量料金(SIM)とスマホ代合わせて月額2,580円(内2円はユニバーサルサービス料)で利用できるわけです。

どうでしょう?かなり安価で利用できるでしょう。

もう一つ、「HUAWEI GR5」もおすすめです。こちらは34,800円(24回分割1,850円)で少しお高くなりますが、格安スマホの中では人気ナンバーワンを争う機種です。

指紋認証付き、メインカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素、5.5インチフルHDのディスプレイ。高性能CPUを搭載しています。

指紋認証ってけっこういいですよ。自分の指でスマホにタッチしなければ使えない。

そこらへんに置いておいても他人に中を見られることはないのですから。

こちらの機種ならSIMと込みにして月額3,112円(内2円はユニバーサルサービス料)で利用できます。

一応、この2つの機種がおすすめなのですが、DMMmobileでは他の機種もありますので比較してみて下さい。

DMMmobileは動画配信、証券会社など多角的な業種を運営しているDMMグループの会社ですから信頼できる会社だと思います。

DMMmobileの↓公式サイトはこちら

DMMモバイル

3位以下の格安スマホでは、BIGLOBEはインターネット接続でお馴染み。マイネオは関西電力系列の会社で通信回線をNTTドコモの回線とauの回線の2回線を扱っています。

しかし同じ1GBなのに月額料金が90円auの方が安いという変則的な価格設定になっています。

次にUQ mobileの2,980円、この価格はスマホ本体、国内無料通話1,200円分、セキュリティアプリなど10個のアプリが付いてくる「ぴったりプラン」というコースです。

これは実質的には一番安いと言えるのではないでしょうか。何しろ1,200円分の電話代込みなのですから。しかもスマホ本体(端末)も付いての価格です。

スマホ本体(端末)はarrows M02、KC-01、LG G3 Beatの3機種の内から選べますがおすすめはarrows M02です。

arrows M02

arrows M02は日本のメーカーである富士通のスマホで5インチ、防水、防塵、おサイフケータイに対応しているSIMフリースマホの人気機種です。

スマホ本体(端末)とセットで購入を考えている人なら絶対おすすめできます。

UQ mobileの↓公式サイトはこちら

UQ mobile

もうひとつ、Y!mobile(ワイモバイル)の2,980円。この月額2,980円の中に1回10分以内1ヶ月300回まで通話ができるというサービスが含まれています。

他社では電話をかける時に、30秒/20円の通話料金がかかるので電話をかける機会の多い人には向いていると思います。

ただし、UQ mobileと違い、こちらはスマホ本体(端末)機種代金は入っていません。

Y!mobile(ワイモバイル)↓の公式サイトはこちら

Y!mobile

まとめ

おすすめはDMMmobile、UQ mobile、Y!mobaileの3社です。

DMMmobileはSIMの料金が最安値ではありませんが、それでも2番目に安いです。

業界最安値を標榜していた会社ですから、いずれ最安値に挑戦するかもしれません。

ASUS ZenFone 2 Laserをセットに選べば、データ量料金(SIM)とスマホ代合わせて月額2,580円という料金は魅力的です。

UQ mobileはarrows M02というスマホの評判がいいし、おまけのアプリが10個付くのもお得感があります。

そしてもうひとつ、UQ mobileは通信回線の速さ、スピードに定評があります。インターネットの画像などもサクッと表示されるのでストレスがありません。このスピードと言うのは大事です。

Y!mobile(ワイモバイル)は、キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)の「電話かけ放題」というサービスに対抗できる通話プランが人気です。というのも、格安スマホのデメリットとしてこの「電話かけ放題」がないということが言われていたからです。

1回10分以内1ヶ月300回分の電話がかけられるというサービスは、仕事などで電話をかけることが多い人には助かるはずです。友人や家族ならLINEなどの無料通話ですますことができますが、仕事関係などにはそういうわけにはいかないでしょうから。

この3社のどこが自分に最適なのか?電話をほとんどかけない人がY!mobaileを選んでも無駄ですし、反対に多い人がDMMmobileを選んだら通話料金がかさみます。1ヶ月に300回もかけないが、そこそこ電話をかけるというならUQ mobileでしょうか。ご自分の生活スタイルにあった格安スマホの会社を選びましょう。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問