どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは

iPhone7、iPhone7Plus、どっちがお得?格安SIMとドコモ、au、ソフトバンクと比較してみる

2016年9月16日から日本で発売されることになったiPhone7、早くも話題になっています。

新しいiPhone7の特長はなんといっても、防水・防塵機能とFeliCaチップが搭載され、おサイフケータイ機能が利用できるようになったことだと思います。

これにより、クイックペイなどのお財布機能、通勤通学のsuica(スイカ)など、より生活に便利な仕様となりました。

日本においては、ますますiPhoneの人気は増えることと思います。

さて、そのiPhone7ですが、当然キャリアのドコモ、au、ソフトバンクから発売されますが、iPhone7の発売元であるappleからもSIMフリーのiPhone7が発売されます。

かつてはSIMフリーのiPhoneは海外からの輸入でしか手に入らなかったのですが、現在では日本のappleストアで誰でも購入することがでできます。

つまり従来のようにキャリアの2年縛りとかの条件なしに、昨今話題の格安SIMでも運用できるのです。

そこで、iPhone7を今までと同じに日本のキャリアから買うのと、appleから直接購入して格安SIMで運用するのと、どちらがお得なのか比較してみました。

キャリアの新規及び他社よ乗り換えでの料金(消費税込み)

※2年契約での月額料金(消費税込み)です。

データ定額プランは5GBで計算しています。

iPhone7 32GBの場合

  ドコモ au ソフトバンク
一括払い 82,296円 79,200円 88,080円
2年分割 1,107円 450円 450円
通話定額※1 1,836円 1,836円 1,836円
データ5GB 5,400円 5,400円 5,400円
web使用料 324円 324円 324円

iPhone7 Plus 32GBの場合

  ドコモ au ソフトバンク
一括払い 96,552円 92,880円 99,840円
2年分割 1,674円 1,020円 1,020円
通話定額※1 1,836円 1,836円 1,836円
データ5GB 5,400円 5,400円 5,400円
web使用料 324円 324円 324円

※1 通話料金は各社共に国内通話5分以内かけ放題での定額料金。

表をご覧いただけると分かりますが、iPhone7本体を一括払いだとソフトバンクが他社より少し高くなっており、分割だとドコモが高いというようになっています。

この辺の価格の付け方がよくわからないのですが、各社それぞれの事情があるのでしょう。

さて、本題である、appleから直接購入するSIMフリーiPhone7を格安SIMで運用した場合とどちらが、得なのかということですが、直で購入した場合は

  32GB
iPhone7 78,624円
iPhone7Plus 92,664円

という価格になります。一括払いはapple直接の方が安くなっていますね。

でも、キャリアだと分割ができるという方も大丈夫です。

appleストアではショッピングローンで分割払いができるのです。申し込みもインターネット上でできるので簡単です。

例えば、iPhone7の32GB(ギガバイト)を24回分割にすると初回4,583円、以降23回月額3,400円という支払額になります。

2回目以降月額3,400円ではキャリアの例えばソフトバンクの月額割による450円と比べたら高いではないかと思われるかもしれません。

ここで、格安SIMを選ぶ理由があります。

格安SIMの楽天モバイルで例に挙げると

通話SIM5GBの料金が月額2,150円、国内通話5分以内かけ放題が月850円。

appleストア iPhone7 32GB
24回分割 3,400円
データ5GB 2,322円
通話定額 918円
合計 6,640円

合計6,640円、これをソフトバンクで同じ32GBで計算すると

ソフトバンク iPhone7 32GB
24回分割 450円
データ5GB 5,400円
通話定額 1,836円
合計 7,686円

iPhone7の32GBでデータ容量、定額通話(5分かけ放題)と同じ条件で1,046円の差額になります。

2年間で25,104円(別途楽天モバイル初期費用3,000円、apple分割初回差額1,183円は除く)appleでの直接購入、楽天モバイルの通話SIMを利用した方が安くなります。

しかもキャリアでの2年縛りとかの条件もなくなります。

あと、メリットとしては中古で売るときもSIMフリーの方が高く売ることもできます。

デメリットとしてはキャリアのように実店舗でのサポートが少なくなるということでしょう。

2年間で約2万円お得というのは、このご時世では大きいのではないでしょうか。

↓参考リンク先

appleストア(iPhone本体を通販でここから申し込めます。)

楽天モバイル (格安SIM取扱い会社)

mineo(格安SIM取扱い会社)

IIJmio(格安SIM取扱い会社)

DMMモバイル(格安SIM取扱い会社)

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問