どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

格安カメラの写真機能ランキング

常に持ち歩いているスマホは電話をかけるだけでなく、いろいろな情報も知ることできますし、音楽やゲームで遊ぶことさえできる便利なツールです。

また、写メ、自撮りという言葉が良く会話の中に出てくるようにスマホのカメラ機能にも注目されています。

もう、デジタルカメラを持ち歩いて写真を撮るというより、スマホで写真を撮ってプリントするというふうにもなっています。

そこでどうせスマホを買うなら写真機能が優れたスマホを持ちたいものと考える人も多いでしょう。

ここでは今、話題の格安スマホの中からカメラ機能が優れた製品をピックアップして紹介したいと思います。

おすすめのスマホベスト5(写真機能の性能がよいスマホ)

1位 Zenfone 2

ZenFone 2
カメラ機能 OS CPU メモリ ストレージ 液晶画面
背面1300万画素/前面500万画素 Android 5.0 Quad Core Z3560 4GB 32GB 5.5インチ

ZenFone 2はASUS社のZenFoneシリーズの中でもハイエンド機種です。

ここでおすすめするのはメモリ4GB、ストレージ32GB搭載モデルです。

ZenFone 2はメモリ2GB/ストレージ32GB、メモリ4GB/ストレージ32GB、メモリ4GB/ストレージ64GBとあるのですが使い勝手がよいメモリ4GB/ストレージ32GBをおすすめします。

写真機能ですが背面1300万画素、前面500万画素のカメラが搭載されカメラとしての性能は十分です。

前面500万画素あるので自撮りもきれいに撮ることができます。また、ASUS社独自のPixelMasterテクノロジーにより、暗がりや逆光でハイクオリティな写真を撮ることができるでしょう。。5.5インチのフルHDの画面も撮った写真を美しく表示してくれます。

カメラ機能の性能だけでなくスマホでは初めて大容量のメモリ4GBが搭載されているのでサクサク動くことは間違いありません。スマホとしても格安スマホの中では断トツの機種だと思います。

ただ、価格が45,800円(税別)と格安スマホとしては、ちょっと高いのが難点と言えるでしょう。

ZenFone 2を扱っているMVNO(格安スマホ)

楽天モバイルを見てみる

U-mobileを見てみる

2位 ZenFone2 Laser

カメラ機能 OS CPU メモリ ストレージ 液晶画面
1300万画素/500万画素 Android 5.0 QualcommR Snapdragon? 410 2GB 16GB 5.0インチ

ZenFone2 LaserはZenFone2の廉価版です。CPUやメモリはZenFone2より落ちますが、カメラ機能は同じ背面1300万画素/前面500万画素です。

背面に採用されているレーザーオートフォーカス機能が被写体をくっきりと映し出してくれます。

カメラ機能重視でかつ価格もリーズナブルなものをという方におすすめのスマホでしょう。

ZenFone2 Laserを扱っているMVNO(格安スマホ)

楽天モバイルを見てみる

DMMモバイル

NiFmoを見てみる

3位 ZenFone Selfie

ZenFone- Selfie
カメラ機能 OS CPU メモリ ストレージ 液晶画面
1300万画素/1300万画素 Android 5.0 Qualcomm Snapdragon 615 2GB 16GB 5.5インチ

奇しくもZenFoneシリーズが3位まで独占してしまいましたが、全体的にZenFoneのカメラ機能の性能は良いです。

ZenFone Selfieはそのセルフィーという名前の通り自撮りに最適なスマホです。何しろ自撮りするときの前面カメラが約88度の広角レンズ、1300万画素もあるからです。

さらに、ASUS独自のPixelMasterテクノロジーが搭載されています。前面、背面で使える17の撮影モード、たとえば「自分撮りパノラマ」の撮影モードでは前面カメラで最大約140度の広範囲の撮影ができるのでワイドな写真を撮ることができます。

女性に嬉しい「美人エフェクト」では肌色を明るくしたり、目力をアップしたりとエフェクト効果を確認しながら撮影することができます。

自撮りを写真を重視している人にはおすすめできるスマホだと思います。

ZenFone Selfieを扱っているMVNO(格安スマホ)

楽天モバイルを見てみる

honor6 Plus

カメラ機能 OS CPU メモリ ストレージ 液晶画面
800万画素/800万画素 Android? 4.4 オクタコア A15/1.8GHz + A7/1.3GHz 3GB 32GB 5.5インチ

前面、背面共に800万画素の平行ダブルレンズを採用することによりF0.95-F16範囲のデジタル絞りが実現され、まるで一眼レフカメラのようなボケ味を出せます。

また、800万画素ダブルレンズからの画像を超解像合成すると最大1,300万画素までの撮影をすることもできます。

スマホ機能としてもスーパー8コアKirin925チップセットを採用、メモリも3GBと大容量なので3Dゲームを楽しむことができるでしょう。

honor6 Plusを扱っているMVNO(格安スマホ)

楽天モバイルを見てみる

Xperia j1 Compact

カメラ機能 OS CPU メモリ ストレージ 液晶画面
2070万画素/220万画素 Android? 4.4 2.2GHzクアッドコア 2GB 16GB 4.3インチ

人気のソニーのXperiaシリーズのJ1 Compact。4.3インチなので片手で操作も簡単、手軽に使えます。

背面2070万画素という大画素数は、まるでデジタルカメラといってもよいでしょう。

ソニーのイメージセンサー技術Exmor RSR for mobileと像処理エンジンBIONZR for mobileが搭載され高画質な画像で写せます。

18種類のエフェクトの撮影モードにより、8㎜フィルム風の色調で撮影したり、絵画調の画像に仕上げたりすることもできます。

Xperia j1 Compactを扱っているMVNO(格安スマホ)

楽天モバイルを見てみる

まとめ

ASUS社のZenFoneシリーズが3機種入ってしまいました。ZenFoneシリーズはそのどれもが人気機種で特に初期のZenFone5は格安スマホとして大ヒットしました。

そしてその後に続くZenFoneシリーズはそれぞれ評判がよいです。この中でZenFone 2はカメラ機能の良さだけでなくスマホとしてのスペックが優れているのでおすすめの機種です。

honor6 Plusもスマホの性能としては良いのですが、そのデザイン、名前がiPhone6 Plusに似すぎているのでどうかな?という部分があります。

Xperia j1 Compactは4.3インチで手になじみやすく、Xperiaのカッコよさもあるのですが価格がちょい高で躊躇するところです。

もちろん予算が許すならありなのですが。反対に電話機能が付いたデジタルカメラと考えれば安いのかもしれません。

ここに上げた5つのスマホはどれも写メ、写真を撮る機能としては優れているものばかりです。

あとは価格とかデザインとかの好みでチョイスしてみて下さい。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問