< /head>
どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

予算3万円以下のスマホがおすすめ

スマホを買いたいのだけれどいくらぐらいのを予算で考えればいいのでしょう?という人も多いと思います。

人気のスマホであるiPhone 6s Plusの料金は10万円台です。

そこそこ、高性能のノートパソコン並みの価格なんです。

スマホって基本的には電話ですよね。

たかだか、電話に10万円って、ちょっと考えてしまいませんか。

う~ん、高すぎます。

そこで昨今、人気のSIMフリースマホ。

SIMフリースマホとはドコモとauとか通信事業者を選ばないスマホのことです。

つまり、大手キャリアでなくても、格安な通信料金のSIM(スマホに挿入する小さなICカード)で使えるスマホのことです。

いわゆるAndroid(アンドロイド)スマホです。

以前のAndroid系のスマホは動きがカクカクしていて使いにくいという評判でした。

しかし、時代は進歩しています。今ではかなり改善されました。

しかも値段が安い。

10万円のスマホなんて必要ないです。30,000円以下のスマホで十分でしょう。

ただ、安ければ安いほどいいというわけでもありません。

さすがに1万円台のスマホは性能が落ちます。結果、買って損をしたということになってしまうかもしれません。

やはり、もう少し予算を増やしたいです。20,000円台から30,000円ぐらいまでのスマホなら良いものがあります。

30,000円以下SIMフリースマホランキング

ここでは20,000円~30,000円でおすすめできる格安のSIMフリースマホと格安SIMを扱う会社を紹介していきます。

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite大
外形寸法 約mm146.8 mm×72.6mm×7.5mm
重量 約147g
バッテリー 3000 mAh
ディスプレイ。 5.2インチ, FHD
カメラ 1300万画素/800万画素
OS Android 6.0
CPU Huawei Kirin650 オクタコア
メモリ ROM:16GB/RAM:2GB

2016年6月に発売されたHUAWEIのハイエンドスマホ P9の廉価版がP9 liteです。

廉価版といえども、30,000円弱のSIMフリースマホとしてはかなりよく仕上げられたスマホです。

P9との違いはCPUとメモリがP9の方が少し良いことと、アウトカメラが1200万画素のデュアルレンズだということでしょう。

P9 liteのCPUはHuawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)とこの価格帯ではトップクラスのものが搭載されており、OSもAndroid 6.0で万全です。

バッテリーは3000 mAhで大容量ですので電池の持ちは良いです。

カメラ機能もアウトカメラ1300万画素ですから美しい映像を撮ることができるでしょう。インカメラも800万画素ありますから自撮りも綺麗に写すことができます。

おサイフケータイ機能などは付いていませんが、指紋認証機能が採用されているので便利に使いこなすことができます。

この価格帯としては一番おすすめできるスマホだと思います。

P9とP9 liteの価格(税別59,800円)は倍近い差があります。その価格ほどの性能差はないでしょう。

HUAWEI P9 liteのMVNO(格安スマホ)各社の価格比較表

IIJmio 一括支払い 27,800円 24回分割払 1,200円
NifMo 一括支払い 28,889円 24回分割払 1,204円
BIGLOBE SIM 一括支払い 取扱いなし 24回分割払 1,240円
楽天モバイル 一括支払い 29,980円 24回分割払 1,349円
DMM mobile 一括支払い 29,980円 24回分割払 1,594円

楽天モバイルは初回のみ 1,352円(24回分割)

HUAWEI P9 liteはIIJmioが分割払い最安値の1,200円です。2位はNifMoで1,204円ですがSIMとセットで申し込むとセット割りで200円安くなるのでNifMoの方が安くなります。現金で買うならIIJmip、24回分割で買うならNifMoがお得ということです。

BIGLOBE SIM、楽天モバイルもそれほど高いというわけではないので、データ容量のプラン、オプションなども含めて検討することをおすすめします。

表の社名に各社の詳細を掲載しているのでクリックして比較してみてください。

arrows M02

arrowsM02
外形寸法 約141mm×68.9mm×8.9mm
重量 約149g
バッテリー 2330mAh
ディスプレイ。 5.0インチHD有機EL
カメラ 810万画素/240万画素
OS Android 5.1
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ ROM:16GB/RAM:2GB

MM総研が主催する2016年スマートソリューション部門のSIMフリー端末分野でarrowsM02が最優秀賞を受賞しています。

今やMVNO(格安スマホ)の定番商品的なスマホです。

ほとんどのスマホ会社が扱っています。

なんと格安スマホなのにおサイフケータイ機能が付いています。(モバイルSuicaやFelicaが使えます。)

防水・防塵対応、テザリング対応、VoLTE対応、5インチ有機ELディスプレイ。

と、十分です。なんといってもおサイフケータイ機能対応は日常生活に便利なところです。

定期券や小銭を持ち歩かなくてもすみます。

たしかにHUAWEI P9 liteは素晴らしい性能を持っていますが、おサイフケータイ機能を使いたい方はこのarrowsM02でしょう。

日本のメーカーである富士通製ですし、安定性は一番です。

arrowsM02のMVNO(格安スマホ)各社の価格比較表

IIJmio 一括支払い 27,800円 24回分割払 1,200円
mineo 一括支払い 28,800円 24回分割払 1,200円
楽天モバイル 一括支払い 29,800円 24回分割払 1,241円
BIG LOBE SIM 一括支払い 取扱いなし 24回分割払 1,380円
DMMmobile 一括支払い 29,800円 24回分割払 1,466円
U mobile 一括支払い 29,800円 24回分割払 取扱いなし

UQmobileNifmoはSIMプラン込みでarrowsM02の取り扱いをしています。

一括払いでIIJmioが一番安く、分割払いだとmineo(マイネオ)と並びます。

mineoは通信回線がドコモとauの両方の通信回線を使えるのが特徴です。通信速度も速いとの評判もあります。

表下のUQmobileはデータ通信量(1GB)、arrowsM02スマホ本体、国内通話無料120分がセットになっていて月額2,980円(キャンペーン期間中1,980円)という魅力的なプランがあります。

各社本体価格とデータ容量プランの月額料金などを比較して決めて下さい。

ZenFone 2 Laser

外形寸法 約mm143.7×71.5mm×10.5 mm
重量 約145 gg
バッテリー 2400mAh
ディスプレイ 5.0インチ
カメラ 1300万画素/500万画素
OS Android5.0 2
CPU QualcommR Snapdragon 410
メモリ ROM:16GB/RAM:2GB

ASUSがリリースしているSIMフリースマホのZenFoneシリーズの中でもコスパに優れたZenFone 2 Laserは人気があります。

少し丸みを帯びた最薄部3.5ミリのデザインは手のひらによくフイットします。

ディスプレイは傷などの耐久性がよいとの定評があるCorning社製のゴリラガラスが採用されています。

ZenFone 2 Laserはカメラ性能が優れているのも特徴のひとつです。

1300万画素のアウトカメラにはレーザーオートフォーカス機能が搭載され被写体に瞬時にフォーカスすることができるので、くっきりとした画像を撮影することができます。

インカメラも500万画素あるので自撮りも綺麗に撮ることができます。

ZenFone 2 LaserのMVNO(格安スマホ)各社の価格比較表

DMM mobile 一括支払い 22,800円 24回分割払 1,212円
IIJmio 一括支払い 24,800円 24回分割払 1,050円
BIGLOBE SIM 一括支払い 取扱いなし 24回分割払 1,150円
楽天モバイル 一括支払い 27,800円 24回分割払 1,251円
U mobile 一括支払い 27,800円 24回分割払 取扱いなし

ZenFone 2 Laserの価格的には一括購入がDMMmobileが一番安く、24回分割ではIIJmioが安いです。

DMMmobilはデータ容量プランの料金は業界最安値を誇る会社です。IIJmioはMVNO(格安スマホ)の老舗といってもよくサポートにも評判が良い会社です。

一括で購入するならDMMmobil、分割払いならIIJmioといったところでしょうか。

まとめ

ここでは、3機種掲載しましたが一番のオススメはHUAWEI P9 liteでしょうか。

この中で最新の機種でOSもAndroid 6.0です。前モデルのP8も評判がよく人気がありましたが、このP9も負けずに人気1,2位を争う機種になるはずです。性能的にも30,000円以下のスマホの中では文句ないです。

もちろん、arrows M02、ZenFone 2 Laserも良いスマホですが、新しさの点でもP9 liteをおすすめします。

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問