どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは

スマホの料金を少しでも安くしたい、格安スマホってどうなんだろう?どこの会社を選べばよいの?安いスマホって?スマホのデータ量は何GBを選べばいいのだろう?

このサイトでは初めて格安スマホを利用したい人のために、おすすめできる格安スマホの情報を掲載しています。

あなたにおすすめの格安スマホはどれ?比較してみよう

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

格安スマホの電話かけ放題プラン比較

格安スマホの電話かけ放題プラン比較

iPhoneを格安SIMで使いたい

iPhoneを格安SIMで使いたい

格安スマホに乗り換えよう。

安い料金のスマホ

もうこの日本ではスマホを無しでは生活ができない(少しおおげさですが・・・)と言っても過言ではありません。

電話はもちろん、インターネットで調べものをしたり、地図アプリで場所を確認したり、ゲームアプリで遊んだり、写真を撮ったり、音楽を聴いたりとか。

とにかくスマホは便利な道具なのですが、問題があります。

利用するのに必要な費用のことです。

スマホの料金って高いですよね。

現状では1台で月々7.000円ぐらいから、あるいは使いこなせばそれ以上にかかります。

1台ならまだしも家族でひとりひとりが持っていたら数万円になってしまいます。

まだまだ、景気が良いとは言えないこの時代、携帯の料金が家計の負担になり困っている人は多いでしょう。

このスマホの料金、なんとかかならないのでしょうか?

実はできるのです。

もっと安い料金でスマホを利用できる方法があるのです。

MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる格安スマホに乗りかえるのです。

格安携帯会社のMVNO(仮想移動体通信事業者)各社

格安スマホに乗り換え

最近、テレビで格安スマホなんたらとかいうコマーシャルを見たことありませんか?。

猫が登場して「にゃんきゅっぱ」というキャッチフレーズのY!mobile(ワイモバイル)とかサッカーの本田圭佑選手が出演する楽天モバイルとかのCテレビコマーシャル。

両方とも格安スマホの会社のコマーシャルなのです。

そう、今まで携帯会社といえばNTTドコモ、au、ソフトバンクの大手3社でほとんど占められていました。

しかし、最近になってMVNO(仮想移動体通信事業者)という会社がたくさん設立されてきているのです。

MVNOとはざっくり言うと安い料金で利用できる格安携帯会社のことです。

従来の大手3社の半額近い料金、あるいはもっと安くスマホが利用できるようになったのです。

このMVNO各社が扱う格安のSIM(データ通信記録されているICカード)と格安のスマホ本体との総称を格安スマホと呼んでいます。

SIMだけでの利用も、スマホ本体とのセットでの利用もできます。

携帯大手3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)との違い

安いのはいいのですが、今までの携帯大手3社の携帯スマホと同じように使えるのでしょうか?

携帯大手3社のスマホとの違いとはなんでしょう。

では、ここでその違いを紹介していきます。

通信速度はそれほど変わらない

格安スマホの通信インフラはNTTドコモ、au、ソフトバンクの通信インフラを利用したサービスです。

つまり、通信速度や通信エリアはほとんどキャリアのものと変わりません。

初期の頃、イオンが発売して話題になった格安スマホは3G(旧世代)の通信速度のものだったので、少々通信速度は遅かったです。

ですが、現在は大手キャリアと同じLTE(4G)の通信速度を各社とも採用しているので高速データ通信ができます。

インターネット、メールはもちろん動画を見るのも問題ありません。

ただ、ユーザーが増えすぎて一時、回線が混みあって遅くなったりすることもありますが、各社ともに随時、設備の補強をしているから大丈夫でしょう。

ではスマホ本体、端末の性能はどうなのでしょう。

これも初期の頃は正直、使えない製品もありましたが、現在は格安でも高性能なスマホが続々登場してきています。

普通に使うに全然、問題ありません。

大手キャリアではiPhone(アイフォン)が人気ですが、iPhoneは安い製品でも10万円近くしています。

今ではキャリアが実質無料とかのサービススマホ本体の負担がありませんでしたが(実質無料といっても利用料金に含まれているんですよ)、昨今では端末代金全額無料というサービスもなくなってきました。

たとえば、2016年6月現在のauで"iPhone6s、16GB、2年契約、スーパーカケホ(通話かけ放題)無し、データ定額フラット(7GB)"のプランを利用すると月額の料金が、iPhone6sの機種代金毎月割3,060円を引いても7,980円になります。

これを格安スマホのDMMモバイルで同条件の7GBで利用したとするとデータ料金定額2,560円(税別)とユニバーサルサービス料2円、機種代金(富士通のarrows M02)の24回分割料金1,584円(税別)で合計4,146円で税込にして4,477円になります。

差額3,503円です。年間で42,036円、これだけ違います。ましてや家族何人かでスマホを使うとすると、さらに大きな金額になります。

通信エリアはキャリアとまったく変わらず、通信速度もそれほど変わらないのなら(条件によって違います。)格安スマホで十分ではないでしょうか。

キャリアメールが使えない

キャリアメール

キャリアメールは使えなくなります。

キャリアメールとは×××@docomo.ne.jp(ドコモ)や×××@ezweb.ne.jp(au)、×××@softbank.ne.jp(ソフトバンク)といったメールアドレスです。これらは携帯3社独自のメールなので当然使えなくなります。

ただ、これはキャリア間での乗り換えでもキャリアメールのアドレスは変わってしまうのでそれほど問題ではないでしょう。

無料で利用できるGoogleのGmail(おすすめ)などで代用できます。

それに今では家族、友人にはメールより無料で利用できるLINE(アプリ)を使う方が圧倒的に多くなってきています。

メールは会社宛てとか公式なものに対して送るようなイメージになっているのではないでしょうか。

格安スマホでもショートメールは使えますよ。

定額通話サービス(電話かけ放題プランなど)が少ない

NTTドコモ、au、ソフトバンクの「かけ放題」などのように定額通話サービスがあるところが格安スマホの会社には少ないです。類似のサービスがあるところはY!mobile、楽天モバイル、UQmoboileなど一部に限られています。(将来的には増えてくると思いますが。)

つまり電話をかけた分を通話料として30秒20円を別途に払わねばならないのです。

まあ、もともとNTTドコモ、au、ソフトバンクの定額通話サービスは電話を頻繁にかける人には得ですが、あまり電話をかけない人には一律の料金を取られてしまうという不公平感があるサービスでもあるのですが。

でも、たしかに電話を頻繁にかける人にとってはお得なサービスでした。

この携帯大手3社の定額通話サービスをカバーする方法としては無料通話アプリや通話割引サービスのアプリというものがあります。

無料通話アプリでは「LINE」が人気です。これはLINEを使う者同士なら無料で通話できるというサービスです。

通常の半額30秒/10円でかけられるアプリを提供している格安スマホの会社もあります。

IP電話の「050 Plus」は月額基本料315円で固定電話への通話が3分8.64円、携帯への通話は1分17.28円という料金でのサービスもあります。

それでもなお、この通話料金が格安スマホの最大のデメリットかもしれません。

例えば仕事でスマホ電話を利用する人などは、まさか無料のLINEで話すというわけにもいかないでしょうから。

半額の通話アプリを利用しても30秒10円、5分かけてしまえば100円となります。50分で1,000円というふうになります。

ただ、ご自分の生活を振り返ってどうでしょう?

どのぐらい電話をかけますか?

先ほど前述したように友達、家族ならLINEの無料電話ですますことができます。

今時はLINEの利用者は国内では5,200万人を突破していると言われます。

スマホを利用している人ならほとんどがLINEを使っているのではないでしょうか。

LINEは無料だし使い方も簡単なのですから。

この、通話の問題があまり影響なければ断然、格安スマホはお得になり、おすすめできます。

店舗でのサポートがない。あるいは少ない

格安スマホ事業者は一部(Y!mobileやイオンなど)を除いて店舗での販売やサポートがありません。

インターネットを主体とした通販が窓口となります。

まあ、この店舗による販売、サポートがないというのがコスト削減になり、安くサービスを提供できるという理由でもあるのですが。

諸々のサポートはインターネット、メール、電話でということになります。

でも、今までガラケー携帯や携帯大手3社のスマホを使っていて店に出向いてサポートしてもらったことはそれほどないのでは。

わざわざ、店に行かなくてもメールや電話で済むことも多いのではないでしょうか。

以上、キャリアメールが使えないことや電話かけ放題プランがない、店舗でのサポートがないといったことが問題ないと感じたなら料金がお得な格安スマホをおすすめします。

格安スマホの選び方

では、実際にどうやって格安スマホを選べばよいのでしょう。

ここでもう一度、格安スマホというものを説明すると、格安スマホというのはMVNO(仮想移動体通信事業者)の会社が提案するリーズナブルなスマホ本体とSIMカードという格安なデータ容量プランが記録されたICカードを組み合わせたもののことです。

MVNO各社の公式サイトを見るとスマホ本体とSIMカード(データ容量プラン)がセットになっている契約コースとSIMカード(データ容量プラン)のみの契約コースの2つがあります(SIMカードのみしか扱っていない会社もあります)。

そこで、スマホとSIMカードがセットになっているプランを選ぶか、SIMカード(データ容量プラン)の料金は良いのだがスマホのデザインや性能が気に入らないという場合SIMカードのみの契約をしてスマホ本体は別に探すといったことになります。

スマホ本体は通販大手のAmazonなどで「SIMフリースマホ」といったワードで探せばいくらでも出てきます。

ただし、スマホやSIMのことがあまり詳しくない人はスマホとSIMカードがセットになっているプランを選んだ方が無難かもしれません。

データ容量のプランの選び方

まずはこのページの一番上に掲載したように普段でのスマホの使い方、利用者などにより違ってくると思います。

そんなにあれこれ使わないという方とバリバリ使いまくるという方では、データ容量契約が違ってくるでしょう。

たいしてインターネットを使わないのに容量が多いプランを契約してもお金が無駄になるばかりですし、バリバリ使う人が少ないデータ容量のプランを選んだらすぐに毎月の容量が一杯になり使えなくなるわけですから。

少ない人で1GB~2GB(ギガバイト)、多い人で5GB~7GBといったところでしょうか。

少なくも多くもなく、それほど容量の心配しなくてもよく、また料金的にも高くならないデータ容量のプランと考えるならば3GBもあれば十分ではないでしょか。

スマホの選び方

格安スマホが出始めた当初は、スマホ本体の性能もあまり良いものではなく、通信速度も遅かったのですが、MVNO(仮想移動体通信事業者)各社が出揃ってきた現在ではスマホ本体の性能も通信速度も携帯大手3社と比較しても劣らないものになってきました。

スマホ本体の価格的にもリーズナブルものになってきており、機種も多くなって選択肢も増えてきました。

下は1万円台から5~6万円ものなど豊富に揃っています。

あまり通信速度や機種の性能などにこだわらないというなら2万円前後、通信速度やカメラ機能もそこそこ良いものにしたいというなら3万円アップといったところでしょう。

もっと高くて良い物がいい、例えば人気のiPhoneなどを選んでしまうと格安スマホとも言えなくなってしまうのでどうでしょう?

もちろん、iPhoneや他の高機能スマホでMVNO(仮想移動体通信事業者)のプランを利用しても携帯大手3社より安くはなるのですが。

あなたに最適な格安スマホはどれ?比較してみようを参考にして選んでみて下さい。

格安スマホの買い方・申し込みの方法

格安スマホは上記しているようにMVNO(仮想移動体通信事業者)各社からの購入・申し込みとなります。

NTTドコモやソフトバンクに行っても売ってくれませんし、申し込みもできません。

申し込み、注文はパソコンやスマホからインターネットで行うのが主になります。(店舗での注文も一部業者では可能です。)

まあ、店舗で待たされることもないのでインターネットからの方が便利でしょう。

MVNO(仮想移動体通信事業者)各社の公式サイトから申し込みます。

申し込み時に必要なもの

・本人確認対象書類(運転免許証・健康保険証・国民健康保険証・パスポート・住民台帳基本カードなどのうち1点。)

・ご本人名義のクレジットカード

・MNP予約番号(有効期間が7日以上残っているもの)

・メールアドレス(携帯電話会社ドコモ、au、ソフトバンクのメールアドレスは不可。事前にGmailなどのフリーメールを用意しておきましょう。)

ところで格安スマホって何?

ところで今まで紹介してきたMVNOって、格安スマホって何?なんで安いの?と思う人もいるでしょう。

ここで簡単に説明しますと安い料金で携帯を利用できるように新たに設立されたMVNO(仮想移動体通信事業者)各社が提供するスマホ(スマートフォン)サービスのことです。

このMVNO(仮想移動体通信事業者)は大手携帯会社であるキャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)から無線通信インフラを借りてユーザーに無線通信サービスを提供しています。無線通信インフラの設備を持たずに借りているだけなので費用も少なくてすみ安いのです。

MVNO格安スマホ事業者とは

従来のNTTドコモ、au、ソフトバンクといった大手携帯会社の月額料金の半額近い価格かそれ以下でスマホが利用できます。

ではなぜ、大手キャリアであるNTTドコモ、au、ソフトバンクが自分たちより安い料金設定でサービスを提供するMVNOに通信設備を貸し出すのでしょう?

料金が安くてはお客を盗られてしまう危険もあるのに。

それは政府の意向があるからです。よく電波は公共のものといいますよね。キャリアは政府の許可を得て免許を取得し、通信事業を行っているのです。

その政府が携帯の料金は高すぎる、もっと安くしろといった指導が通達されているのです。

そしてそのひとつの方法としてMVNO(仮想移動体通信事業者)に通信インフラを貸し出すように指示しているのです。

そういう過程により多くのMVNOが設立されました。MVNOは通信インフラはキャリアから借りるので巨額な設備もいらずにすむことにより、安い料金でサービスを提供できるのです。また、キャリアのように店舗もあまり持たず、インターネットでお客を受け付けているので、その分も経費がかかりません。

キャリアは政府・総務省に通信事業者の免許を与えられているので、その意向にそう逆らうことはできないのです。

つまり、政府の指導によりMVNOが生まれたといってよいでしょう。

もっと詳しく・・・

まとめ

格安スマホ、格安SIMへの参入事業者がどんどん増えています。当然、競争も激しくなり、料金も、サービスも良くなってきています。まあ、まあ今までキャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)の料金が高かったからとも言えましょう。

総務省の指導により、実質負担ゼロ円のスマホという形態もとりずらくなってきているキャリアは苦しくなってくることでしょう。

スマートフォンや、携帯電話、通信、インターネットに関する市場調査や消費者動向を調査しているMMD研究所によると、格安スマホの利用者は11.5%と年々増えてきています。

今後も有力なMVNO事業者が新規参入してくるとの話もあり、ますます格安スマホがユーザーにとって価格もサービスも利用しやすくなると思われます。このサイトでは使う方のタイプ別のデータ量の目安のページや格安スマホの代表的な会社の評判やおすすめポイントをパソコンでは左の欄に、スマホでご覧いただいている方にはこのページトップかページ下に掲載していますので参考にして下さい。

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問