どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは どこがいいの?初めての格安スマホ・おすすめポイントは
格安スマホとは

新規参入したモバイル通信事業者(MVNO)が扱う格安な高速データ通信回線(SIMカード)を提供するサービスと格安なスマホ本体との両方、またはいずれか指す総称です。従来の携帯電話会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)より料金が安いことで人気があります。

LINEモバイルの良いところ・カウントフリー

格安スマホ(MVNO)の会社としては後発であるLINEモバイルですが独自のプランを発表しました。

カウントフリーというサービスです。

通常、アプリを利用するとパケット(データ通信)が必要になり、当然、データ容量が減っていってしまうのですが、LINEモバイル指定のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)はいくら利用してもデータ容量が消費されないというものです。

これらのアプリを利用している人にはとても魅力的なサービスになるでしょう。

カウントフリー対象アプリ

LINE

日本初のLINEは国内ユーザー数が6600万人を超えるといわれています。つまり、スマホを所有している人のほとんどがダウンロードしているといっても過言ではないでしょう。

それほどの人気アプリです。LINEアプリではチャット形式での会話が特に人気です。メールよりも手軽に連絡が取れますし、相手が読んでくれたかも「既読」という表示でわかりますので便利です。

また、無料通話もできます。相手がLINEをダウンロードしていればいつでも何時間でも話をしていることができます。

Twitte

Twitteは140文字数で好きなことをつぶやくというアプリです。友人、知人、有名人をフォローすればその人たちが呟いたことが表示されます。

自分が思ったこと、いろいろな情報、ニュース、写真なども投稿することもできます。皆、Twitteから最新の情報をつかんでいる人もいるでしょう。

Facebook

FacebookはTwitteのような文字数の制限がなく、いわゆるブログ風の日々のことを書いたりします。

また、2017年3月時点でのユーザー数は19億4,000万人を超えているという巨大なSNSです。

一般個人はもちろん、有名人、企業も参加しています。ただ、最近では若い人がTwitteなどに流れ、多少、若者人気が落ちてきたともいわれておりますが。

Instagram

今やLINEと双璧の人気アプリです。スマホで撮った(またはデジカメ)写真を投稿するというアプリです。

特に若い女性に人気で「インスタ映え」するという言葉が生まれたぐらいに綺麗な写真、面白い写真、ユニークな写真が掲載されています。

有名人の利用者も多く、タレントの渡辺直美さんは700万人を超えるフォロワー数を誇ります。

MUSIC+プラン

LINEモバイルではカウントフリープランにプラスしてMUSIC+プランというものがあります。

これは4つのカウントフリープランのほかにLINE MUSICが加わります(LINE MUSICの月額基本料金750円は別料金。)

LINEモバイルのプラン(月額料金)

LINEフリープラン

データ 500円
データ+SMS 620円
データ+SMS+音声通話 1,200円

コミュニケーションフリープラン

容量 3GB 5GB 7GB 10GB
データ容量+SMS 1,110円 1,640円 2,300円 2,640円
データ容量+SMS+音声通話 1,690円 2,220円 2,880円 3,220円

MUSIC+プラン

容量 3GB 5GB 7GB 10GB
データ容量+SMS 1,810円 2,140円 2,700円 2,940円
データ容量+SMS+音声通話 2,390円 2,720円 3,280円 3,520円

もっと詳しく→  LINEモバイル

タイプ別格安スマホの選び方

LINEやメール、たまにインターネットを使うぐらいの人

普通に使いたいのだけれど、スマホで使うデータ容量の標準は何GB?

動画もゲームもバリバリ使いたい人

シニア向けのプラン、スマホは?

家族みんなで使うファミリー層に向いたプラン

小学生・中学生の子供向けの格安スマホ

電話をかけることが多い人は・かけ放題

iPhoneから格安スマホへ

▼どこがいいの?初めての格安スマホ

トップページはこちら

最新ニュース

格安スマホ各社のポイント

格安スマホよくある質問